ヒスチジンは必須アミノ酸の一つであり、子供の場合のみ必須アミノ酸となっています。

ヒスチジンの名前の由来はギリシャ語で「組織」という意味です。

このヒスチジンの主な働きは赤血球、白血球の形成を促し、
貧血やアレルギー疾患を改善する役割があります。

また、子供の時には成長を促す役割も果たすため、不足すると成長障害などを引き起こす可能性があります。

特にこのヒスチジンは乳幼児期では不足しやすいため注意が必要になっています。
ただし、大人になると体内でヒスチジンを合成できるようになるため心配がいらなくなります。

ヒスチジンは貧血やアレルギー疾患を改善し、成長を促進だけでなく、以下のような効果効能があります。


ヒスチジンの主な効果/効能/作用

・慢性関節炎を緩和する(血管を拡張させる働きがあるため)
・ダイエット効果がある(脂肪燃焼効果があるため)
・食欲を抑制する(食欲を抑えるヒスタミンを合成するため)

 

ただし、ヒスチジンの過剰摂取は強いかゆみや、じんましんなどの症状を引き起こす場合があります。

そのため、ヒスチジンの摂取量の目安は、1日当たり体重1kgに対して10mgとなっています。

つまり、自分の体重が60kgであれば600mgの摂取が必要となります。

 

こうしたヒスチジンを多く含む食品は、カツオやマグロなどの魚類に多く含まれています。

そして、ヒスチジンを摂取する際の注意点は「生のまま」摂取するのが効率良く摂取する方法となります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索