ブドウ糖は「糖」の中の一つで単糖として代表的な物質で、別名グルコースと呼ばれています。

単糖には果糖や、ガラクトースなどが含まれています。
ブドウ糖は特に動物の活動を支えるエネルギー物質の一つです。

そのため人間を含める動物たちはブドウ糖を摂取することによって、脳の働きや筋肉運動を促すことが出来るのです。

 

このブドウ糖を多く含む食品としては、米、パンや麺類といった小麦を含むもの、
ブドウやバナナなどの果物、さらにイモ類が多く含んでいます。

純粋なハチミツにもブドウ糖は含まれており、マヌカハニーにももちろん含まれています。

 

ブドウ糖の摂取が不足すると筋肉の痙攣といったことを発生させてしまいます。
他にも、ブドウ糖の不足によって以下のような症状が現れる場合もあります。

・異常な空腹感を感じる

・集中力がわかず、あくびが増える

・目の焦点が合わない

・体に疲れを感じる

・イライラとした状態が続く

 

このような症状が表れてくるのです。

かといって、ブドウ糖の摂り過ぎも問題です。

 

例えばブドウ糖の過剰摂取によって「糖尿病」のリスクが高まってしまいます。

また、太り過ぎの原因も、ブドウ糖の摂り過ぎの可能性があります。
そのため、適度な量のブドウ糖の摂取が必要となるのです。

 

ブドウ糖の摂取量の目安は運動や脳を使う量によって変わってきます。

ただし、1日に何もしなくても約260gものブドウ糖の消費をしているのです。
そのため、効率のよいブドウ糖の摂取が大事になってきます。

 

そして、その効率の良い摂取の基本が「炭水化物で摂取する」ということになります。

特にスローリリース食品と呼ばれる、そばや大豆、玄米や果物などで摂取することが効率の良いブドウ糖の摂り方となると言われています。

こうすることで、ゆっくりとブドウ糖が摂取されるため血糖値の上がり方を緩やかにすることが出来るのです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索