グルコン酸は糖酸の一つで、グルコース(ブドウ糖)の1位の炭素を酸化させることで出来る物質です。

糖酸にはアスコルビン酸やグルクロン酸などが含まれ、
グルコン酸の主な働きは腸内のビフィズス菌を増加させる働きがあり、栄養吸収を高めてくれる役割があります。

そのため、適切な量のグルコン酸の摂取をすると、健康の維持増進をすることができるのです。

 

グルコン酸はグルコースが酸化して生成される酸化性生物です。

このグルコン酸は、動植物中にはあまり存在しないという特徴があります。

そのため、現在ではグルコン酸は科学的に生成するか、もしくは発酵させることによって生産されています。

グルコン酸は食品ではpH調整材として利用されるほか、医薬品や金属を洗浄する酸としても用いられています。

グルコン酸はビフィズス菌を増やす働きのほか、以下のような効果効能があります。

 

グルコン酸の主な効果/効能/作用
・下痢予防をする(ビフィズス菌が増加するため)
・栄養郷愁能力を高める(腸機能が高まるため)
・下痢を予防する(ビフィズス菌が増加するため)
・疲労回復効果がある(栄養の吸収力が高まるため)
・集中力を高める(グルコースが脳のエネルギー源となるため)

 

ただし、グルコン酸の過剰摂取は肥満につながる可能性があるため、注意が必要となっています。

しかし、グルコン酸自体の摂取量に定めはないため、生成前のグルコースの摂取量に気をつける必要があります。

グルコースの1日の摂取量は120g程度が目安となっています。

 

グルコン酸を多く含む食品には大豆はちみつが含まれています。

ただし、このような食品だけでは摂取しにくいので、グルコン酸配合の「サプリメント」で補充することがお勧めとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索