フラボノイドは、フラボノイドの分類の一種で、アントシアニンやイソフラボンなどによって構成されます。

フラボノイドには、コーヒー含まれるフェノール酸や、イチゴに含まれるエラグ酸などがあります。

 

そして、フラボノイドは、苦味や辛味成分の一つで強い抗酸化作用をもつ役割があります。

そのため、フラボノイドを摂取することで、ガンの予防や美容効果などを得ることが出来るのです。

 

こうしたフラボノイドの効果効能を得るために、適切な量のフラボノイドの摂取が必要となるのです。

 

フラボノイドは1936年にノーベル賞受賞者であるハンガリアのゼント・ギオルギによって発見され、
当初はビタミンPと呼ばれていました。

このビタミンPの「P」はパプリカのPに由来しています。

 

そして、現在では、このフラボノイドは12種類のグループに分類され、それぞれに効果効能があることが分かっています。

また、抗酸化作用があることからアンチエイジング化粧品としても利用されています。

このフラボノイドを代表する成分と効果効能は以下のようなものがあります。

 

フラボノイドの主な効果/効能/作用

アントシアニン(ブルーベリー、ビルベリーなどに含まれ、目の疲れをとる働きがある)

・ヘスペリジン(青ミカンなどに含まれ、ビタミンCの働きを支える役割がある)

・ルチン(そばに含まれ、血圧を引き下げる働きがある)

・カテキン(お茶に含まれ、生活習慣病を抑える)

・イソフラボン(大豆などに含まれ、女性ホルモンの働きを支える)

・ケルセチン(玉ねぎなどに含まれ、アレルギー症状などを抑える)

 

フラボノイドにはこうした成分があり、全て合わせると4,000種以上になると考えられています。

そして、このフラボノイドの過剰摂取は基本的には特に問題はありません。

しかし、大豆イソフラボンや、カテキンなどの一部のフラボノイドには副作用がある場合も存在し注意が必要です。

そのため、摂取量の目安としてはフラボノイドを含むポリフェノールの1日の摂取量を1500mgが参考となります。

 

こうしたフラボノイドを多く含む食品は、アントシアニンであればブルーベリービルベリー
カテキンであれば緑茶など、それぞれの食品に含まれています。

そのため、フラボノイドを効率よく摂取するには、フラボノイド配合のプロポリスなどのサプリメントで摂取することがお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索