1.ウイキョウとは?

ウイキョウとは、セリ科のウィキョウ属に所属する多年草で、
英語ではフェンネル、フランス語ではフヌイユと呼ばれています。

地中海沿岸が原産と言われていて、古代エジプトやローマ時代から栽培されている非常に歴史のある植物です。

現在では、主にインドや中国・エジプトなどで栽培されており、日本国内では長野県や岩手県、富山県などで栽培されています。

ウイキョウは、成長すると草丈が2メートル前後にまで成長して、
茎葉やタネに特徴的な香りがあり、スパイスやハーブなどに利用されています。

ウイキョウは、春から夏にかけて、黄色い傘状の小さい花がたくさん咲きます。
実は茶色で細長い形状です。

紅茶には主に種子の部分が使われています。

ウイキョウの花言葉は「賞賛に値する」

 

2.ウイキョウの特徴

ウイキョウの若い葉や種子には、特徴的な甘い香りと苦みがあり、
消化を促進する効果や血行促進、消臭効果や空腹感の緩和などの効果が期待できます。

ウイキョウは、胃薬や仁丹、魚料理などに多く使用されています。

 

3.ウイキョウの主な効果/効能/作用

・冷え性の改善
・空腹感の緩和
・消化促進
・血行促進

 

-ウイキョウを含んだ商品例-

Tea total / ハーブティー / アンチ ストレス
Tea total / ハーブティー / マヌカフラワー デトックス
Tea total / ルイボスティー / ルイボス バイタリティ

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ





LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索