タンポポは薬草としては、ホコウエイ【蒲公英】という名前で、
英語ではダンデライオンという名前で、
タンポポ茶や、ハーブティーなどにも、その効果から、広く利用されています。

 

タンポポに関する科学的な研究は現在も盛んに行われており、

アメリカの農務省の研究によると、タンポポはエストロゲンホルモンそのものよりも、
さらにエストロゲン活性の強いものがあるそうです。

ドイツでは、タンポポの根には、肝臓浄化作用と胆汁合成促進作用が、
中国では、タンポポの抗菌作用が研究により報告されています。

 
タンポポの主な(有名な)効能は、

不妊改善、母乳不足の改善、冷え症の緩和など、女性にとって重要な効能もありますが、
その他にも便秘の改善や、むくみの改善、疲労の回復、解毒作用を含む利尿作用など、多くの効能があります。

タンポポの根は、主に、胆汁分泌の補助、肝臓系の機能促進や食欲不振の回復、便秘や消化不良の改善など、
タンポポの葉は、主に、胆石の解消、利尿作用、むくみの改善、痛風や関節炎の改善などに効果があります。

ただし、肝機能に良いと言っても、胆道閉鎖、胆嚢炎、閉塞性イレウスの方は
タンポポの根の部分は使用しないということが
注意点として挙げられます。

 

不妊改善には、男性は、優れた精子が作られやすく、女性は、排卵しやすく、
また、ホルモンバランスを整えてくれることから、生理痛の軽減、生理不順の改善にも効果があります。

血行を促進し、解毒作用もあり、更に、鉄分カリウム等のミネラルが豊富なことから、
母乳不足の改善、授乳中の水分補給にも適しています。

血液の循環の促進、血中のコレステロール、脂肪の低下にも効果があるため、血行が改善され冷え性にも良く、
乳線炎の予防にも効果があります。


タンポポには希少糖が多く含まれていることもあり、
解毒利尿作用、便秘解消効果、新陳代謝の促進の作用もあることから、美肌、美容効果、育毛効果、
さらに、ダイエットにも良く、
にきびなどの皮膚トラブルの改善や、糖尿病、肝機能や身体全体の老廃物の排出などのデトックス効果、むくみ改善も期待出来ます。

この希少糖は50kgに対して、1gしか含まれていないもので、
他の食品で、納豆=1t、オクラ=1.5tの量を必要とします。

タンポポは、利尿作用から房水に溜まった水を排出することで、視神経の働きを促進、緑内障や白内障の改善も期待でき、
その他、癌の抑制や高血圧の改善抑制などにも効果があると言われています。


ノンカフェインであることから、妊婦、授乳中でも飲むことが可能で、
ホルモンバランス、新陳代謝を整えてくれるので、
美容効果、美髪効果など、女性には嬉しい効果、効能が多い薬草と言えるでしょう。
 



【ママナチュレ たんぽぽ茶】

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索