クランベリーは、ツツジ科ツルコケモモ属の果実で、酸味が強いことが特徴のフルーツです。

クランベリーにはポリフェノールなどが多く含まれていることから、
生活習慣病を改善してくれる役割があるとされています。

また、尿路系の病気を改善してくれる役割もあり、注目が集まっているフルーツなのです。

そのため、デザートのときには、クランベリーが入っているものを食べると、
おいしさと、健康を同時に手に入れることが出来るでしょう。

 

クランベリーは、ネイティブアメリカンが食べていたとされ、
花弁が「鶴(クラン)」に似ていることに由来して命名されています。

クランベリーは北米三大フルーツと言われており、ブルーベリーやコンコードグレープと並ぶほどに有名なフルーツです。

20世紀末からはクランベリーの研究が進み始め、尿路感染症の改善に寄与することや、
歯周病の改善をするなどの役割があることが明らかになってきました。

なかでも、クランベリーにはポリフェノールがたくさん含まれていることから、
抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれることが分かっています。

特にポリフェノールの中でも、プロアントシアニジンが豊富に含まれています。そのため、生活習慣病なども改善してくれると期待されています。

クランベリーは尿路感染症を改善する働きのほか、以下のような効果効能があります。

 

クランベリーの主な効果/効能/作用
・美肌効果(ビタミンCポリフェノールが、シミや、たるみを防ぐため)
・むくみの改善(腎臓の働きを高め、体内の無駄な水分を排出するため)
・歯周病を防ぐ(抗酸化作用により、歯垢が増えることを防ぐため)
・生活習慣病を防ぐ(ガンなどの原因である活性酸素を除去するため)
・尿路感染症を改善する(大腸菌などが尿路につくのを防ぐため)

 

クランベリーにはこうした働きがあるため、スイーツなどとして積極的に摂っていくといいでしょう。

ただし、クランベリーの過剰摂取は下痢や胃腸障害、腎臓結石などの副作用を引き起こす可能性があるため注意が必要です。
けれども、具体的な摂取量の定めは決められていないため、
クランベリーパウダーで摂るのであれば400mg~1000mg程度を摂取するのがいいでしょう。

また、ジュースであれば糖分に注意をしながら1日当たり250cc~500ccまで摂取しておくといいでしょう。

 

こうしたクランベリーを食すには、生では酸っぱすぎるので、ジャムなどにするのがオススメです。
ですが、日本ではクランベリーはあまり見られないので、
サプリメントなどで摂取すると、クランベリーの効果効能を効率的に手に入れることが出来るのでオススメです。

更に、近年ではオーガニックコスメティックにもクランベリーが含まれています。
ポリフェノールビタミンCによる美容美肌効果、アンチエイジング効果を促すというわけです。

オーガニックコスメティックをお持ちの方や気になる方は成分を見てみるのも面白いかもしれません。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索