チョコレートは、カカオを主原料とするお菓子として親しまれています。

チョコレートには、ブラックチョコレートをはじめ、ホワイトチョコレートなどが作られています。

そして、チョコレートはお菓子としておいしいだけでなく、健康面でも効果があり、
「がん予防」など様々な効果効能を得ることが出来るようになっています。

そのため、3時のおやつとしてチョコレートが食べられたり、健康を意識したビターなチョコレートなどが食べられているのです。

 

チョコレートは600年ごろにマヤ人によって作られたとされています。
そして、それが19世紀に入りヨーロッパで高級菓子として作られるようになりました。

当初は、チョコレートは飲み物として親しまれていましたが、
次第にお菓子として「ブラックチョコレート」が製造されるようになりました。

 

その後「ミルクチョコレート」が製造されるようになり、
「ホワイトチョコレート」が販売されるようになっていきました。

日本では1880年ごろに販売されるようになり、
現在ではこのチョコレートは、そのままおやつとして食べられたり、
ケーキやクッキーなどに加工されて食されています。

チョコレートは「がんの予防」をするほか、以下のような効果効能があります。


チョコレートの主な効果/効能/作用

・がん予防効果(カカオマスポリフェノールにより、活性酸素を予防するため)
・ストレスを緩和する(カカオマスポリフェノールや、テオブロビンにより鎮静作用があるため)
コレステロール値を引き下げる(ステアリン酸がコレステロール値を下げるため)
・虫歯を防ぐ(ココア成分が、ソブリナス菌の発生を抑えるため)

 

こうした働きがあるほか、吸収率がいいためエネルギー源としても利用することが出来るのです。

また、高血圧を予防する働きなどがあったりもします。
さらに、ダイエット効果などもあるため、女性にとっては非常に嬉しい食品となっているのです。

ただし、チョコレートの過剰摂取は肥満を引き起こす可能性があります。

 

また、摂取のしすぎは虫歯を引き起こす可能性もあります。

 

そのため、摂取量の目安としてチョコレートの1日の摂取量は、チョコレートの板2/3程度で十分です。

また、チョコレートを摂取する際には、
2時間おきに摂取すれば効果的に健康作用を得ることが出来るようになっています。

そして、チョコレートを摂る際に気をつけるべきことは
「カカオマスが70%以上」のビターチョコレートで食べることが大事です。

こうしたチョコレートを摂取する際の注意点を守って、健康になっていきましょう。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ





LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索