クロロフィルは、葉緑素として呼ばれることが多い「緑色の天然色素」のことを言います。

葉緑体の中に多く存在しており、クロロフィルの主な働きは「光合成」をすることにあります。
また、体内に摂取するとコレステロールや、ダイオキシンなどを排出してくれるため、
動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれるのです。
そのため、近年では健康意識の高まりから、注目が集まるようになっているのです。

 

クロロフィルは1817年にピエール・フォセフ・ペルティエらによって発見され、「クロロフィル」
という風に命名しました。

日本では葉緑素として耳にすることがあるクロロフィルは、
植物や藻類に含まれており、「光合成」をする働きがあります。

このクロロフィルによって大気中の「酸素」を生み出し、「二酸化炭素」を減らしているのです。

 

クロロフィルは、人体へもいい影響を及ぼすことから「緑の血液」と呼ばれることもあります。
例えば「緑の血液」と言われるように、人体ではヘモグロビンを生成して血液を生み出します。
そのため、貧血気味の人がクロロフィルを摂取すると、その改善をすることが出来るのです。

クロロフィルは動脈硬化などの病気を予防するほか、以下のような効果効能があります。

クロロフィルの主な効果/効能/作用

・がんを防ぐ(抗酸化作用があり、活性酸素を除去するため)
・デトックス効果がある(カドミウムやダイオキシンを排出するため)
・貧血を予防する(と結びつきヘモグロビンを生成するため)
・動脈硬化を防ぐ(コレステロール値を下げるため)

 

こうした働きがあるため、体内を綺麗にできることからクロロフィルに注目が集まっています。

また、抗酸化作用があることから、シミやそばかすを排除してくれる役割も持っているので、
美白効果も得ることが出来るのです。

 

クロロフィルの過剰摂取による副作用は認められていないため、安心して摂取して大丈夫となっています。

通常の食事をしている際にはクロロフィルの摂取量は意識しなくても問題ありません。
ですが、もし「サプリメント」などでクロロフィルを摂取するのであれば、用法・用量を守るようにしましょう。

 

こうしたクロロフィルを多く含む食品は、小松菜やホウレン草、スピルリナや、クロレラなどに含まれています。

そして、こうした食品を摂取する際の注意点は、より「緑色が濃い」ものを選ぶということです。

植物の緑色が濃ければ濃いほど、クロロフィルは多く含まれているので、
その分、栄養素を摂ることが出来るようになっています。

ただし、こうした食品からは摂ることが難しいので、
スピルリナや、クロレラなどのサプリメントから摂取すると、簡単にクロロフィルを摂取することが出来るでしょう。

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

コラム記事 検索