クロレラは淡水性の緑藻類の総称のことをいいます。

緑藻類はクロレラのほか、アオサやアオミドロなどが含まれます。

 

クロレラは1890年にオランダに手発見され1960年以降に健康食品として販売されるようになりました。

このように健康食品として販売された理由は、クロレラには70種類以上の豊富な栄養素がバランスよく含まれているためです。

そのためクロレラは栄養補助食品として注目を集めるようになっています。

 

クロレラの中に含まれる栄養素を詳しく見るとタンパク質が60%も含まれており、
必須アミノ酸をはじめ、非必須アミノ酸、緑葉素、ミネラルビタミン食物繊維などを多く含んでいます。

また、抗酸化作用が強いために、人体への有害な活性酸素に対抗してくれるのがクロレラとなっています。

こうした豊富な栄養素を含むクロレラには以下のような効果効能があります。


クロレラの主な効果/効能/作用

・肝機能を高める(アルブミンによる体内の毒素を排除するため)
・利尿作用を高める(カリウムを多く含み、ナトリウムを排出するため)
コレステロール値を下げる(ナトリウムを排出するため)
・アルツハイマーを予防する(酸化ストレスを軽減するため)
・動脈硬化を予防する(コレステロール値を下げるため)

 

さらに豊富なミネラルの効果として、骨や歯を丈夫にしたり、骨粗鬆症、心筋梗塞や狭心症を予防したりします。

ただし、クロレラを摂取しすぎると嘔吐や下痢、湿疹などの副作用の恐れもあります。

 

また、ビタミンKが豊富に含まれるため、血液凝固剤として使われるワーファリンの働きを軽減させてしまします。

そのため、クロレラの摂取量の目安は1日当たり、1~3gとなっています。

 

そして摂取上の注意点としては「長期間にわたって摂取すること」が大切です。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索