カゼインは動物性たんぱく質の一つで、牛乳に多く含まれています。動物性タンパク質にはホエイや卵白などが含まれており、
カゼインの主な働きは筋肉の分解を抑制する役割があります。

そのため、このカゼインの摂取が不足するとペプチドを減少させることに繋がり蠕動運動を鈍らせてしまいます。

その結果、消化吸収が落ちてしまい、便秘などを引き起こしてしまいます。
こうしたことを防ぐために、適切な量のカゼインの摂取が必要となるのです。

 

カゼインは牛乳に多く含まれるたんぱく質で、3種類に分解することが出来ます。

それがα-カゼインとβ-カゼイン、カッパーカゼインです。

牛乳の80%程度がカゼインで出来ているため、乳製品を摂取していればカゼインを取ることが出来ます。

 

現在ではカゼインは吸収が緩やかなタンパク質で、筋肉の分解を抑制する働きがあることが分かっています。

そして、このカゼインは栄養補助剤と使われるほか、安定化剤やプラスチックにも利用されています。

カゼインは筋肉の分解を抑制する役割のほか、以下のような効果効能があります。


カゼインの主な効果/効能/作用

・高血圧を予防する(血液の流れを良くするため)
・神経を安定させる(カルシウムの吸収を促進するため)
・ダイエット効果がある(消化機能を整えるため)

ただし、カゼインの過剰摂取はアレルギーを発症する可能性があるので注意が必要です。

 

また、乳頭不耐症の人がカゼインを摂取するとお腹がごろごろする感じがします。

けれども、カゼインの摂取量は特に定められていません。

そのため、アミノ酸スコアを確認したり、厚生労働省が発表している推奨されているたんぱく質の摂取量を確認することが大切です。

 

カゼインを多く含む食品は牛乳に多く含まれます。

チーズや生クリーム等の乳製品に多く含まれるため、これらの食品を効率的に取る必要があります。

 

カゼインを効率よく摂取するには「サプリメント」という方法もお勧めになっています。

またプロテインとして摂取することも効率的であり、筋肉を増強する時などには役立つでしょう。

 

 

メニューへ戻る

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索