ブルーベリーと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、目への効果。

ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分は紫色の植物などに含まれるポリフェノールの一種で、
青紫色の天然色素で
このアントシアニンが持つ力によって、目への効果が期待されるのです。

 

アントシアニンは、近視や白内障、眼精疲労に効くとよく言われています。

このアントシアニンは、植物が紫外線から実(身)を守るために蓄える成分なのですが、
昔から目の働きを高める効果や眼精疲労を予防する効果があることで知られていて、
現在ではサプリメントやジュース、ガムなど多くの商品に利用されています。

アントシアニンは、目の網膜にある、ロドプシンと呼ばれる非常に薄い膜、そのロドプシンは常に壊れ、また再生するという
ことを繰り返しており、アントシアニンはロドプシンの色素の分解・再合成を助ける働きがあります。

このロドプシンが鈍くなった目のピント調節作用を改善したり、ぼやけた視界を鮮明にしてくれたりするということです。

白内障の進行を抑制することにも効果を発揮したという実験もあることから、
目の機能の手助けをしてくれる成分として重宝されているのです。
また、ブルーベリーは、抗酸化作用も期待できます。

 

ブルーベリーに含まれている抗酸化作用のあるアントシアニンは、
血流を良くする効果があり、脳梗塞脳卒中、動脈硬化の予防、癌の予防、
毛細血管への働きから、冷え性の改善、
そして、肌への効果、すなわち、美容への効果をもたらしてくれます。
(肌に含まれるコラーゲンの生成を促進し、紫外線から肌を保護する。)

アントシアニンポリフェノール ですので、

ポリフェノール=抗酸化作用、すなわち、アンチエイジングにも良いということですね。

その他、ブルーベリーには、
葉酸も含まれていることから、貧血の防止、

豊富な食物繊維を含むことから、腸内作用の保護/改善、
優れた抗菌作用があることから、感染性細菌などの抗菌予防、
特に下痢や泌尿関連(尿管壁へのバクテリア付着の抑制)などに効果を発揮、
花粉症の予防などにも役立ちます。

 

ブルーベリーには、悪玉コレステロールの生成を抑制する働きもあることから、
心臓系(動悸や血脈の病気)の、症状を抑えるという働きも期待できます。

小さく食べやすい果実で、そのまま食べたり、
ドライフルーツにしても、フルーツティーとして飲んだり、
ヨーグルトに入れたり、ジャムにしたりと、
様々な用途で活躍するブルーベリーは、
テレビ、パソコンやスマートフォンなど常に眼精疲労を伴う現代社会での生活の中で、
意識的に取り入れていきたい果物の一つです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 


コラム記事 検索