アボカドは「森のバター」と言われることもある、南アメリカ北部からメキシコ高地に生息している果実です。

ただし、アボカドはいつごろから食べられるようになり、またいつごろから栽培されるようになったかは分かっていません。

アボカドの特徴はその栄養価が高く、例えばコレステロールを下げる不飽和脂肪酸を多く含んでいます。

また、ビタミンは9種類含まれていて、カリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

 

そのため、最近では美容効果もあると注目されているのです。

アボカドの効果効能としてはコエンザイムQ10による美容効果をはじめ以下のような効果効能があります。


アボガドの主な効果/効能/作用

・血液をサラサラにする(オレイン酸による悪玉コレステロールの減少するため)
・老化防止(ビタミンBビタミンEが体内の細胞の酸化を防ぐため)
・便秘の解消(食物繊維が豊富なため)
・活性酸素から体を守る(コエンザイムQ10の働きのため)

 

アボカドの摂取量の目安としては、1日に1~2個までが良いです。

その理由としては、アボカドは高カロリーなため、
分量を間違えると例えば脂肪を蓄えてしまい、肥満の原因になってしまうからです。

そのため摂り過ぎに注意することがアボカドを食べるうえで重要になります。

また、調理する際の注意点としては「酸化して変色しやすいためレモン汁などを絞る」ということです。

 

栄養価が高く、美容にも良いアボガドですが、適度な量をビタミンを含むレモン汁などをかけて食べて、
アンチエイジングに役立てましょう。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索