アビジンは、タンパク質の一つで、糖タンパク質の一種です。

この糖タンパク質には、アビジンのほか、オボムコイドなど含まれています。

 

アビジンの主な働きは、ビオチンの働きを抑える役割があります。

そのため、ビオチンの効果効能を弱めてしまうのがアビジンの働きなのです。

 

現在では、このアビジンは、ビオチン(ビタミンH)と強く結合することが分かっています。

こうした特徴を利用してアビジンは、ガン治療に用いられています。

アビジンは、ビオチンを押さえる役割のほか、効果効能は見られていません。

 

そして、ビオチンの働きは細胞の成長と深くかかわるため、アビジンの過剰摂取は倦怠感や疲労感などをはじめ、
皮膚や髪の毛が弱くなってしまうのです。

そのため、アビジンの摂取はなるべく控えるようにした方が良いです。

 

アビジンを多く含む食品は卵白に多く含まれています。

そして、卵白を摂取する際の注意点は「加熱処理する」ことが大事です。

こうすることで、アビジンの活動を押さえることが出来るようになり、ビオチンの効果効能を得ることが出来るのです。

ですから、卵はなるべく「生」ではなく火を通すことが大切となります。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索