1.オート麦とは?

オート麦とは、イネ科のカラスムギ属に属する穀物のことで、別名エンバク、オーツ麦、マカラスムギとも呼ばれています。

オート麦は涼しい気候を好みますが、耐寒性が弱いため、寒冷地では春に種をまきます。
一方、温暖な地域では秋に種をまきます。

紀元前3000年ころから中央ヨーロッパでは作物として育てられていた記録があり、
主に馬などの飼料用として育てられていました。

1870年ころに押麦にしてフレークにする技術が発明され、オートミールとして大量生産されるようになり、
アメリカを中心に急速にオート麦の消費が世界に広がりました。

オート麦は、現在では世界で約2500万トンの生産量があり、ロシアが全体の約20%を生産しており、
次いでカナダ、アメリカ、ポーランド、フィンランドなどを中心に生産されており、
世界で6番目に生産量の多い穀物となっていますが、近年は大豆やトウモロコシとの競合などにより生産量は減少傾向にあります。

日本では、主に北海道で飼料用に生産されています。

オート麦の花言葉は「魅力的な音楽」

 

2.オート麦の特徴

オート麦は非常に栄養価が高く、日本人の主食であるお米と比較すると

食物繊維は約22倍
鉄分は約5倍
カルシウムは約9倍

などのように非常に栄養価の高い穀物といえます。

最近では、ドライフルーツなどと合わせて「フルーツグラノーラ」として、
手軽に取れて栄養価の高い食事として主に朝食のメニューで人気があります。

また、ビタミンB1ミネラルパントテン酸カリウムマグネシウム鉄分亜鉛
ファイトケミカルサポニンアルカロイドステロールフラボノイドなどの
栄養が多く含まれているため、体内へさまざまな効果が期待できます。

代表的なものとして、リラクゼーション効果や総コレステロール値を下げる効能や血糖値を下げる効能
肉体疲労の改善や病後の衰弱回復促進効果などの効果が期待できます。

紅茶では、ほのかに甘い香りがしてリラックス効果やストレス解消として有名ですね。

 

3.オート麦の主な効果/効能/作用

・疲労回復効果
・糖尿病予防効果
・リラックス、ストレス解消効果
・安眠効果
・便秘や下痢の改善

 

-オート麦を含んだ商品例-

Tea total / ハーブティー / マヌカフラワー デトックス

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ





LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索