自立神経失調症が改善される?!病院で検査して適切な対処を

自立神経失調症が改善される?!病院で検査して適切な対処を


集中力がなくなって、なんだか精神的にも不安定。

眠りも浅いし肩こりや疲労感もある。

そんな症状は、自立神経失調症かもしれません。

人間は活発に活動しているときに働く交感神経と、
眠っているときなどリラックスしているときに働く副交感神経が
約12時間間隔で交代しながら働いています。

しかし、生活習慣の乱れや夜更かし、ストレスなどで交感神経が優位になり、
働き続けてしまう症状が自立神経失調症と呼ばれています。

 

どんな症状が出るのかは人それぞれですが、
そのまま放置しておくと、うつ病やがんになるというデータもあります。

なにかすっきりしない、調子が悪いと思ったら、まずは病院で検査を受けると良いでしょう。

耳鳴りや肩こりなどの症状がある場合には、対応している診療科で診察を受けましょう。

病院での治療法は、抗不安薬やホルモン薬などの薬物療法、
生活を整える行動療法などが行われます。

病院で治療を受けながら、自分で生活を改善していくことで
病院の治療の手助けをすることも可能です。

 

自立神経失調症で一番多い原因はストレスだと言われています。

仕事や人間関係で気の抜けない毎日を送っている人が多いということでしょう。

ストレス解消のため、軽くスポーツをするのも良いでしょう。

また、生活習慣の乱れも交感神経と副交感神経の入れ替わりがうまくいかない原因にもなります。

夜更かしをせずにゆっくりと睡眠をとることも重要なポイントです。

食事の面では、神経の働きを正常に保つビタミンB群、抵抗力を高めるビタミンC
自立神経をコントロールするビタミンAビタミンEを含んだ食品を摂取するのも効果的です。

軽度の場合は、ゆっくりと休養をとるだけで症状が改善されることもあります。

何よりも早期発見が大事な病気なのです。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「マルチビタミンサプリメント」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索