自立神経失調症が改善される?!病院診断後の食事について

自立神経失調症が改善される?!病院診断後の食事について


自立神経失調症と診断された場合、改善のために食事も有効です。

バランスのとれた食事や規則正しい食生活を行うことは身体にとってプラスになります。

反対に不規則な時間に食べることは、身体にとってストレスとなります。


まず、朝食は、必ず食べましょう。

脳のエネルギーはブドウ糖です。

ブドウ糖は、炭水化物と糖に含まれており、脳にエネルギーが足りないと、
体も心も元気にならず、リズムも整わなくなります。

目覚めた直後は、食欲がわかないため、少し早く起きて、ストレッチや散歩、
体操などで体を動かしたりしてみましょう。

また、いつも朝食を摂らない生活だった人は、晩御飯を早めに食べる、
間食をしないなど工夫を行い少しずつ朝食を摂るようにします。

 

また、自立神経失調症を改善するためには、3食を決まった時間に摂ることが大切です。

ただし、決まった時間に食べようと、「完璧にしよう」とすることで、ストレスになッタリする場合、
逆効果になるため、出来る範囲で時間を揃えるようにします。

夕食や朝食の時間がいつも同じ時間になると、
睡眠の時間も整ってくるのですが、その兆候が見られてきたら、体内時計が整ってきた証拠です。

そして、よく噛んで食べることも大切です。

唾液がたくさん出ることで、消化が進みます。

さらに、唾液と食べ物がよく混ざった状態で胃に届くようになるため、
食べ物の刺激が和らぎ、胃壁が守られます。

よく噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎによる肥満を防ぐことが可能で、
ダイエットにも良いですね。

 

食材としては、神経の働きを正常に保つ働きのある
ビタミンB群が含まれているものを食べるようにします。

なぜかというと、ビタミンB群は、強いストレスが続くことで急激に消費されます。

また、ビタミンCも積極的に摂ると良いでしょう。

なぜなら、ストレスにより副腎皮質ホルモンが分泌され、
全身の抵抗力を高めますが、この合成にもビタミンCが必要になります。

さらに、ビタミンAビタミンEにも症状緩和効果が期待できます。

野菜や果物を朝食に摂るというのも良い方法ですが、
野菜などは、あまり多く食べれないものです。

そういった時は朝にミックスジュースを飲むのもおすすめです。

人参などの野菜とリンゴやオレンジ、キウイフルーツなど
好きな風味の果物を少し多めにミキサーに入れることで自分に飲みやすいミックスジュースを作れます。

ミックスジュースであれば、多くの野菜や果物を思った以上に
たくさん摂取できるため、朝にはとても良いです。

 

また、それも難しい、という方はマルチビタミンサプリメントなどで
ビタミン群を摂取しましょう。

美肌だけではなく、ビタミンは神経関連にも影響を及ぼすということも覚えておき、
バランス良くビタミンを摂取することで、自律神経を整えて改善していきましょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「マルチビタミンサプリメント」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索