【自立神経失調症】ハーブティーで対策するならゼラニウムティーがオススメな理由3つ

【自立神経失調症】ハーブティーで対策するならゼラニウムティーがオススメな理由3つ


自立神経失調症の症状を和らげる効果があるとして、
ハーブティーを取り入れる方法もあります。

普通にリラックスタイムとして、
ティータイムに飲むのにも良いハーブティーですが、
ハーブティーには自律神経を整える作用もあります。

オススメの種類としては、ゼラニウムティーというティーもあります。

原産地は南アフリカの、フウロウソウ科ぺラルゴニウム属の植物になります。

ゼラニウム自体の種類は280種類ととても多く、
オーストラリアや、シリア等でも生産されています。

ゼラニウムは一重もあれば、八重咲きの花もあります。

ホワイトやピンク、赤やサーモンピンクと、華やかさのある色合いも魅力的で、
様々な形状とカラーを持っています。

国内においては、花を咲かせるシーズンは、春から秋の季節になります。

ゼラニウムティーでも楽しめるゼラニウムは、
甘いバラの香りと、爽やかなミントの香りがミックスした不思議な香りがありますから、
この香りが一つ目のオススメな理由です。

 

このティーは、ローズゼラニウムといった名称でも親しまれていて、
アロマオイルでも使用されています。

ゼラニウムのメイン成分は、リナロールにゲラニオール、そしてシトロネロールです。

視床下部や副腎を適度に刺激して、自律神経をバランスよく調整する働きがあります。

そのため、ゼラニウムティーを飲むことによっても、ストレス解消となっていきますから、
精神的に安定がもたらされることになり、これが2つ目の理由です。

 

ホルモン分泌も整える作用がありますので、女性にとっては、月経期間の体調も整いやすくなります。

月経のお悩みとして多いPMSの症状が和らいだり、
更年期障害や生理不順も改善するサポートにもなります。

これが3つ目の理由です。

 

また、セントジョーンズワートというハーブもオススメです。

このハーブはドイツなどの医療先進国でも
年間300万通にも及ぶ処方箋が発行されていて患者に処方されているほど、
立証されたハーブとなっています。

主に鬱対策にも利用されていますが、
安眠、リラックス、ストレス改善など、に効果的なのです。

セントジョーンズワートをブレンドしたティーもご紹介します。

名前の通り、気分をリラックスさせるハーブをブレンドした

⇒ リラックスティー

主に安眠、快眠、寝つきの悪い方へのハーブをブレンドした

⇒ ドリームタイムティー

 

その他、ハーブティーに分類される
女性にとって嬉しい効果のあるルイボスティーもオススメです。

ルイボスティーは、同じくノンカフェインで、カルシウムミネラルも豊富、
不妊治療対策にもなると近年、話題になっていますね。

不妊治療対策の由来は、ルイボスティーの持つSOD酵素による
活性酸素の除去などの作用によるものです。

⇒ 飲みやすいオススメのルイボスティーは、こちら

 

これら、ハーブティーはノンカフェインで夜でも気軽に飲めるため、
特に自律神経失調症の方にはオススメですが、
日常生活の中でも取り入れるのもオススメです。

なぜなら、ハーブは西洋の漢方とも言われるほど、
様々な効能や効果を各種ハーブが持っていて
古来から、現在でも利用され、重宝されている優れたものだからです。

利尿作用もあることから、体内の老廃物を体外へと排出するのにも効果的ですので
デトックス作用も期待できますし、

体のむくみが気になる人にも、オススメなお茶達ですね。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ニュージーランド直輸入のハーブティー各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索