治療方法には種類がある?自立神経失調症の対策や種類まとめ4選

治療方法には種類がある?自立神経失調症の対策や種類まとめ4選


自立神経失調症の対策として重要なこと。

今回は、基本となる4つをご紹介します。

自律神経失調症は日々の生活の乱れから起こってくる場合が多いです。
最初のうちは、自分ではあまり自覚がないため、
生活習慣を見直すことがあまりありませんが、
自律神経失調症の予防にもなりますので
もう一度、普段の生活を見直してみましょう。

 

1つめは、ストレスをためないということです。

ストレスが溜まっているなと感じたら上手に気分転換を図ることが必要です。

たとえば旅行に行ってみる、カラオケで歌う、ストレッチをするなどです。

感情を表に出すと気分がすっきりするので
映画やドラマを見て感動して泣くのも良い方法です。

 

2つめに十分な睡眠をとる事も必要です。

深い眠りは副交感神経が働き、体をリラックスさせ心身の緊張をゆるめます。

方法としては寝る前にぬるめのお風呂にゆっくりつかります。

そして、早寝早起きの習慣をつけることです。

近年のスマホ普及によって、当てはまる方も多いかと思いますが、
寝る前にスマホやパソコンなどの電子機器を使うのはやめましょう。

ブルーライトと呼ばれる光が交感神経の働きを促して
深い眠りにつくことができなくなってしまいます。

寝てから3時間ぐらいの間に成長ホルモンが分泌され、体の細胞の修復を行っています。

この時間帯に熟睡することが大事です。

なかなか寝付けないという方は、
セントジョーンズワートなどをブレンドしたティーもおすすめです。
セントジョーンズワートは、リラックス効果や鬱対策に
ドイツなどでは処方されているハーブとなります。

セントジョーンズワートをブレンドしたハーブティー

⇒ Tea Total リラックスティー

⇒ Tea Total ドリームタイムティー

上記のように、ノンカフェインで人気のある様々なハーブティー
気分を安らげる働きをするアロマオイルなどを利用したり、
安眠を促すサプリメントも活用するなども良いでしょう。

⇒ 海外でブレイク中の天然ハーブで生成された安眠サプリメント
スリープドロップス

 

3つめに治療方法として日の光を浴びて、有酸素運動をする方法があります。

太陽の光を浴びるとメラニンが分泌されます。

メラトニンには自律神経を安定させて、体調を整えて快眠に導く作用があります。

有酸素運動はおしゃべりできる程度の速さで
ゆっくりウォーキングをすることで主に副交感神経が働きます。

そして、その副交感神経は体をリラックスさせ自律神経を整える効果があります。

ウォーキングの他にもヨガなどもおすすめです。

特にホットヨガは、体を温めてくれる他、
汗をかくことで代謝も良くなり、すっきりした気分になれます。

 

4つ目は食事療法です。

人間はストレスを感じるとストレスに対抗するために
副腎皮質ホルモンをたくさん合成して免疫力を高めます。

ビタミンCをたくさんとると副腎皮質ホルモンがたくさん分泌されるので、
ストレスに強くなることができます。

また牛乳、大豆、小魚にはカルシウムがたくさん含まれています。

カルシウムをたくさんとる事でイライラが減りストレス防止になります。

また、サプリメントなどで体で生成されない、されにくい成分を
摂取するのも良いでしょう。

ビタミン群鉄分が良い効果を期待できるため、
ビタミンB12や、ビタミンC鉄分グレープシードなどを
バランス良く含むマルチビタミンサプリメントや、

豊富なアミノ酸ミネラルが含まれている
ローヤルゼリーシーププラセンタもおすすめです。

普段の食生活では補えないものはサプリで補い、
野菜や果物、小魚など、バランス良くしっかりした食生活を心がけましょう。

 

photo  by UGL_UIUC

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「シーププラセンタ9900mg」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索