入院して対策することも必要です!自立神経失調症で入院するときは

入院して対策することも必要です!自立神経失調症で入院するときは


自立神経失調症の自立神経とは、
意識と関係なく生命を保つために働く神経のことを言いますが、
例えば、心臓を動かす、暑いと感じたら汗をかいて体温を下げる、などは、
意識して行なわれるものではなく、勝手に行い、生きていることができる状態になります。

自立神経失調症というのは、この自立神経が何らかの原因で正常に働いていない状態を指します。

どうしてこのようなことになるのでしょうか?

自立神経は、大脳の視床下部にあります。

人は、活動的な交換神経とリラックス状態の副交感神経のバランスをとっています。

この視床下部のそばには、脳下垂体があり、多種多様のホルモンを分泌しています。

そして、視床下部もこの脳下垂体も支配下にあります。

ホルモンは、ときに体調を大きく崩す原因にもなり、
視床下部はホルモンの影響を大きく受けます。

そして、ホルモンバランスの変化そのもので、自律神経の働きに影響を及ぼし、
精神的・肉体的ストレスが合ったときに、大きく体調を崩すことになります。

病気ではないという方も多いですが、不快な症状は人によって違い、
時には入院が必要な事もあります。

少し安静と言うよりは、日常生活から少し離れる入院生活を送ることで、
ホルモンバランスを正常にしなくては、本当に内臓の病気になってしまうこともあります。

もともと病気の部類には入らないとされている自立神経失調症ですが、
実は万病の元ということも言えます。

こうしたことにならないよう自立神経失調症の対策として
ホルモンの働きを正常にするため必要な事は、
基本的にはバランスのとれた食事と規則正しい生活になります。

これが何よりも大切で、どうしてもできない時には、
安静の意味を込めた入院生活が良い治療になることが多いとされています。

体のどこかが悪いから入院という意味合いでなく、
体のどこかが悪くなる前に入院をして
精神的にもホルモンバランス的にも健やかな生活を送れるようにするということですね。

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「シーププラセンタ9900mg」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索