自立神経失調症の原因と症状!それってもしかして自立神経失調症かも?

自立神経失調症の原因と症状!それってもしかして自立神経失調症かも?


今回からは自律神経失調症についてです。

自律神経失調症って何?

聞いたことはあるけれど、よく分からないという方も多いでしょう。

実は困ったことに現代社会において
身近にある症状でもあります。

なんだか疲れやすい、動悸や、めまい、頭痛など体の不調に加え、
憂鬱な気分が続いたり元気が出ないときは、自立神経失調症の可能性があるかもしれません。

自立神経とは、気温の変化や精神的ストレスなど、
体外からの刺激があった時も精神や体のバランスを保とうとする働きを担っている神経のことで、
交感神経と副交感神経という2つの神経をうまく調節しながら体内のバランスを保とうとしています。

自立神経は体の隅々に張り巡らされており、汗腺や心臓の動き、
血圧や体温の調節、食べ物の消化など
私たち人間が生きていく上で大切な生命活動に大きくかかわっています。

しかし、何らかの原因によってこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、
体に様々な不調を抱え、精神的にも不安定になります。

これが、自立神経失調症です。

症状は、めまいや頭痛、不眠症、味覚障害、吐き気などの体の不調から、
不安感、イライラ、被害妄想や情緒不安定などの精神的な症状まで様々あり、
特に思い当たる原因がないのに体の疲れが取れなかったり
倦怠感が続く場合は、自立神経失調症である可能性が高いです。

原因は色々考えられますが、最大の原因は過度な精神的ストレスです。

交感神経の働きが血圧を上昇させたり膀胱を広げたり、胃腸の働きを抑えたり、
血管を収縮させるなどの働きに対し、副交感神経はそれと全く反対の働きをして、
それが常に引っ張り合って体内のバランスを保とうとしているのを、
長期間ストレスによる刺激が続くことによってそのストレスをなんとか排除しようと頑張りすぎると、
神経同士の引っ張り合いの関係が崩れて自立神経失調症になると言われています。

自立神経失調症と診断されたら、薬の服用による薬物療法、
マッサージや指圧などの理学治療法、
サプリメントなどでのホルモンバランスを整える方法や、
心理的な問題を解決していく心理療法など症状に合わせた様々な治療法で改善をはかります。

これ以外にも、本人の体質や性格、
生活習慣なども要因として考えられることもあるので、
見直して一緒に考えながら治療して
行くことが望ましいでしょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ヘルスライフ社 ローヤルゼリー 365粒」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索