動物性たんぱく質は、タンパク質の一つで、動物から摂取することが出来るタンパク質です。

動物性タンパク質にはホエイや、カゼインなどが含まれます。

そして、動物性たんぱく質の主な働きはアミノ酸を多く含んでおり、筋肉や内臓などの元となります。

そのため、この動物性たんぱく質の摂取が不足すると、
アミノ酸が吸収できずに、不足しているアミノ酸に起因する病気を引き起こしてしまう可能性があります。

こうした病気を防ぐために、適切な量の動物性たんぱく質の摂取が必要となるのです。

 

動物性たんぱく質は動物から摂取することが出来るタンパク質の総称のことを言います。

タンパク質には植物性たんぱく質と動物性たんぱく質があり、
動物性タンパク質には肉類や魚類、卵、チーズなどが含まれます。

こうした動物性たんぱく質がアミノ酸として吸収され、皮膚や内臓、筋肉として構成されていきます。

また、免疫力を上げる働きがあったり、体のむくみをなくす役割などもあります。

 

動物性たんぱく質を分けると3つに分類することが出来ます。

ホエイ(牛乳に含まれており、筋肉を肥大させる役割がある)
カゼイン(牛乳に含まれており、筋肉の分解を抑制する働きがある)
・卵白(卵白に含まれており、乳製品にアレルギーがある場合には推奨される)

こうした動物性たんぱく質が不足すると、疲れがたまりやすくなったり、体がむくんだりします。

 

また、過剰摂取をすると飽和脂肪酸が多いため肥満を生みだしたり、
コレステロール値を高めて生活習慣病にかかる恐れが高まります。

そのため、厚生労働省は1日のたんぱく質の摂取量を「0.72×体重×1.25」グラムとしています。

そのため、例えば体重が60kgの人であれば54g摂取する必要があるとしています。

 

また、動物性たんぱく質に含まれるアミノ酸を見て、どの食品を取るかをバランスよく確認する必要があります。

これはアミノ酸スコアと呼ばれるもので、偏ったアミノ酸を減らすことで健康維持をすることが出来るようになります。

さらに、必要なアミノ酸を取れていない場合は「サプリメント」で摂取すると、バランス良く吸収することが出来るのでお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索