アロエは、ユリ科の多年草の一つで、200以上の種類があります。

 

多年草は2年以上生存し続ける植物のことを言い、アロエの主な働きは、胃腸を整える役割があります。

そのほかにも、肌に弾力や潤いを与えるため美容効果もあります。

そのため、このアロエを摂取していると、胃炎や便秘の改善をしてくれるのです。

こうしたアロエの効果効能を得るために、適切な量の摂取が大切となります。

 

アロエは、4000年以上前から薬として使われていたため「医者いらず」と言われており、民間療法にも用いられています。

 

アロエの主成分は、多糖体となっています。

この多糖体は、ムチンや、アロエマンナンといった成分で、美肌効果や怪我を早く治す働きがあります。

このほか胃腸を整えるアロエエモジンや、殺菌効果のあるアロエチンなどもあるため、昔から万能薬として利用されています。

そのため、化粧品などの美容製品にもアロエ成分配合のものが販売されるようになっています。

 

アロエは、胃腸を整える役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

アロエの主な効果/効能/作用

・美肌効果がある(ムチンによる老化防止作用があるため)
・胃炎を解消する(多糖体が胃腸を整えるため)
・病気を防ぐ(多糖体が免疫力を高めるため)
・やけどを早く治す(アロエマンナンによる抗腫瘍作用があるため)

このほかアロエには、ビタミン類を多く含むため、活性酸素を排除して生活習慣病を予防したりします。

 

また、ミネラル分を多く含むため体内の新陳代謝を助けたり、骨を丈夫にしたりする役割があります。

ただし、アロエの過剰摂取は緩下作用を引き起こすため注意が必要となっています。

 

そのため、健康的にアロエの効果効能を手に入れるには、
1日当たり、キダチアロエの葉で15g、アロエベラで60gとなっています。

 

ただし、通常の生活をしていて、アロエを多く摂取するのは難しいため、サプリメントなどから摂取することがお勧めです。

また、美容効果が高いため、アロエを含むコスメティックなどもお勧めです。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索