アラニンは、アミノ酸の一つで、全てのたんぱく質に豊富に存在しています。

こうしたアミノ酸には必須アミノ酸と、非必須アミノ酸があり、
アラニンは非必須アミノ酸に含まれます。

アラニンの主な働きは肝機能をサポートする役割があります。
また、グルコースを生成する働きもあります。

そのため、このアラニンの摂取が不足すると兼機能が低下して疲れや、肥満の原因になります。
ただし、普通の生活をしていれば不足することはないので安心してください。

 

アラニンは1850年に発見され、今日ではアラニンは、甘み成分としての食品添加物として用いられることが多くなっています。

また、保湿成分があることから化粧品の中にも配合されるようになっており、
前立腺肥大症薬として医薬品成分としても用いられています。

アラニンは肝機能をサポートするほか、以下のような効果効能があります。


アラニンの主な効果/効能/作用

・肌の潤いを保つ(保湿成分としての役割があるため)
・持久力を高める(エネルギー源であるグルコースを作るため)
・二日酔いを治す(アルコールを分解するため)
・ダイエット効果がある(脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させるため)

 

また、アルツハイマー病や肝臓障害が起きた時にアラニンが増加することが分かっており、
疾病マーカーとして今後の活用に期待がかかっています。

 

アラニンの過剰摂取は血圧の低下によるめまいなどを引き起こすため注意が必要ですが、
ほとんどの場合は過剰摂取になる恐れはないので安心してください。

そのため、アラニンは、非必須アミノ酸ということもあり摂取量の目安は定められていません。

 

こうしたアラニンを多く含む食品は、しじみや、アサリなどの貝類、牛や豚のレバーなどの肉類に多く含まれています。

アラニンを摂取する際の注意点は特にはなく、
タンパク質を含む食品を食べていれば、十分な量のアラニンを摂取することが出来ます。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索