アドレナリンは、神経伝達物質の一つで、副腎髄質から分泌すされるホルモンです。

このアドレナリンは「闘争か逃走かホルモン」と言われ、交感神経が興奮した時に分泌されるホルモンです。

 

神経伝達物質には、アドレナリンのほか、ドーパミンや、ノルアドレナリンなどがあり、
アドレナリンの主な働きは、心拍数や血圧を上げる役割があります。

そのため、アドレナリンの分泌が不足すると、心拍数の低下や血圧の低下を引き起こし元気がなくなってしまいます。

こうしたことを防ぐために適度な量のアドレナリンの分泌が必要になるのです。

 

ドーパミンは1895年に発見され、アドレナリンの名前の由来は、ノルアドレナリンからきています。

エピネフリンも、アドレナリンと同じホルモンになります。

 

ノルアドレナリンとアドレナリンの違いは、
ノルアドレナリンが「怒り」に対して多く分泌され、アドレナリンが「恐怖」によって多く分泌されるという点です。

アドレナリンは心拍数や血圧をあげる役割のほか、以下のような効果効能があります。


アドレナリンの主な効果/効能/作用

・血管が拡張する(運動量を高めるため、)
・気管支平滑筋が弛緩する(呼吸をしやすくするため)
・瞳孔が大きくなる(感覚を高めるため)

 

このようにアドレナリンが分泌されると闘うか、逃げるかのための準備が整うようになります。

ただし、アドレナリンの過剰分泌は過度にストレスがかかった状態となります。

その結果、高血圧や糖尿病、不眠症などを引き起こす可能性があるため注意が必要です。

 

アドレナリンを多く分泌させるには「恐怖」を感じることにあります。

そして、日常生活ではストレスを感じることによって、逃げるためのアドレナリンが分泌されています。

ただし、やる気を上げるためにアドレナリンを分泌するには、適度な運動をしたりすることや大声を出すことが大事となります。

 

 

メニューへ戻る

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索