アセチルコリンは神経伝達物質の一つであり、神経を興奮させる物質です。

神経伝達物質にはアセチルコリンのほか、ドーパミンや、γ-アミノ酪酸などがあります。

こうした神経伝達物質の中でアセチルコリンの主な働きは、神経を興奮させて学習意欲や記憶力を高める役割があります。

そのため、このアセチルコリンの分泌が不足するとアルツハイマー病などを引き起こしてしまう可能性があります。

こうしたことを防ぐために、適切な量のアセチルコリンの分泌が必要となるのです。

 

アセチルコリンは1914年に発見され、神経伝達物質の中で最初に解明された物質として知られています。

アセチルコリンは身体を興奮させる神経物質であり、運動神経などで働く物質で、リン脂質であるレシチンから合成されています。

そのため、骨格筋や心筋などの筋繊維を収縮させたり、唾液の分泌を促したりします。

また、記憶力を高める働きため、現在ではアルツハイマー病の治療にも利用されています。

アセチルコリンは学習意欲や記憶力を高める役割のほか、以下のような効果効能があります。

 

アセチルコリンの主な効果/効能/作用

・アルツハイマー病を予防する(記憶力を高めるため)
・便秘改善(副交感神経に働きかけるため)

 

こうした働きのほか、アセチルコリンには更年期障害を改善することも期待されています。

ただし、アセチルコリンの過剰分泌はパーキンソン病につながる可能性もあるため気をつける必要があります。

逆に、アセチルコリンが不足すると、アルツハイマー病を引き起こす可能性が生まれるので、バランスをとることが重要となります。

 

アセチルコリンの分泌を促すには、リン脂質であるレシチンを多く含む食品を摂取することが大切です。

レシチンは卵黄や大豆などの食品に含まれています。

また、こうした食品を摂取するのが難しい場合にはレシチンを多く含む「サプリメント」を摂取すると、
効率的にアセチルコリンの分泌を促すことができるのでお勧めとなっています。

 

 

メニューへ戻る
Amazonショップへ 取扱いショップへ

 

 






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line

コラム記事 検索