タオル1枚あればできる!簡単肩こり解消法

タオル1枚あればできる!簡単肩こり解消法


肩こりの悪循環のメカニズム

 

筋肉や血管、神経は別々の期間の様ですべてがつながっています。

ですから筋肉がつかれたりして硬くなれば血管や神経にも影響いて肩こりが起こったりするのです。
例えば、猫背などの悪い姿勢を続けていたり、
パソコンなどを使用するなど同じ姿勢を続けていると肩や首の筋肉が疲労して
収縮してしまい硬くなったりすることでこりやハリを感じるようになります。
筋肉が硬くなってしまうと血管が圧迫されて血流が悪くなってしまい、
その結果として抹消神経に傷がついたりする原因になってしまうのです。


血流が悪くなったり末梢神経に傷がつけば痛みを感じるようになり、
痛みを感じると脳から痛みを感じている場所の筋肉が反射程に収縮してしまいます。
そして筋肉が硬くなってしまいさらにコリやハリを感じるようになり、
それがますます血管を圧迫してける竜を悪くして
といったように終わりのない悪循環が始まってしまうのです。
これが慢性的に肩こりが起こる原因で、
この悪循環をどこかで止めてあげるのが症状を改善するためには必要になります。
わかりやすく改善するためには、筋肉をリラックスさせてあげることが一番です。

それには自分でできるストレッチが効果的といえます。

 

日常生活で気をつけること

 

肩こりの原因は筋肉が硬くなって血流が悪くなることだと説明しました。

姿勢が悪かったり同じ姿勢を続けることによって
筋肉が疲労することによって起こりやすいのですが、
その他にも運動不足で身体を動かす機会が少ないことでも肩こりになりやすい原因になります。

それは運動不足で筋肉量が減ってしまうことでも血流が悪くなる一因だからです。

逆に運動のし過ぎでも肩を痛める要因になります。
運動量は人それぞれ限界が変わってきますが、
まずは適度に動かすことを日常的に気をつけるとが大切です。
そして運動前と運動後に簡単なストレッチで肩や首の周辺の筋肉を伸ばして
リラックスさせてあげるとさらに予防改善につながります。
この時に腕を上げたり伸ばしたりするのがきついという人は、
タオルなどを利用して身体を伸ばしてあげると
簡単で身体にも負担をかけないで肩こり等の解消をすることができます。
またストレスや目の疲れ、太りすぎや痩せすぎなども肩こりの原因になりますので、
日常的に負担がかからないように気をつけましょう。
また女性の場合は、ハイヒールなどを利用していると
足だけではなく肩こりにも繋がりますので特にストレッチが必要になります。

 

タオルを使ってリラックスできる

 

筋肉をほぐして肩こりを解消するためにストレッチは効果的ですが、
無理に行なうと筋肉や筋を痛めることがあります。
特に運動不足の方や高齢の方が無理をすると肩こりを改善するのではなく
余計に症状を悪化させてしまいかねないので注意が必要です。
そこで利用してもらいたいのがタオルを使ったストレッチです。
やり方はとても簡単で、タオルの両端を持って伸びをするだけで効果があります。
タオルを持つ位置は腕を上げた時に気持ちがいい幅を自分で調節して持ちましょう。

あまりに端の方を持つと効果が低くなってしまいますし、
真ん中の方を無理して持つと肩を痛める場合があるので、
あくまでも無理のない気持ちがいいと感じる場所を持つことが大切です。
そしていい場所が見つかったら、頭の真上に腕を上げて身体を伸ばします。

この時に肩甲骨がちゃんと動いて伸びている事を意識して行います。
そして十分に延びたらタオルを持ったまま背中の後ろに手を下して行きます。

こうすることで肩甲骨の周りの筋肉を無理なくほぐすことができますし、
背筋を伸ばす効果や胸を広げる効果も期待できます。
タオルを使うことで無理なく簡単に肩こりを改善することができるのです。

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索