肩こりが辛い!何科で治療すべき?

肩こりが辛い!何科で治療すべき?

辛い肩こりの原因を知ろう

 

肩こりにはいくつかの原因が考えられます。

普段、自分の生活様式の中に、その原因が潜んでいる可能性があります。

自分の肩こりの原因は何であるか、そこを知ることが、解消への第一歩となります。

では、主な原因を見てみましょう。

寒さや冷え
夏よりも冬の寒い時期の方が肩こりを感じやすい人も多いのではないでしょうか?

これは血行不良が影響しています。

寒さのために縮こまった姿勢となったり、外出回数が減り運動不足になるなど、
血液の流れが悪くなり、肩の筋肉の緊張し、それが原因となります。

眼精疲労
パソコンや携帯を長時間にわたり利用し目を酷使したり、
メガネやコンタクトの度が合っていないなどの理由で、
目の筋肉が緊張することにより、引き起こされることがあります。

悪い姿勢やいつも同じ姿勢を取り続ける姿勢の悪い人は要注意です。

また、長時間パソコンに向かったり、長距離ドライブをするなど、
いつも同じ姿勢を取り続けていることで、首や肩などの筋肉の緊張が続き、症状が現れます。

精神的なストレス
身体や心がえストレスを感じると、自律神経が活発になります。

自律神経は、筋肉を緊張させるので、肩こりを誘発させます。

その他
常に歯を噛みしめたり、肩が上がっている等の癖も、筋肉が緊張しコリの原因となります。

肩こりで病院受診?何科がいい?

 

肩こりになったときに真っ先に思いつくのは、整体や接骨院等でのマッサージではないでしょうか?
確かにそれで十分、改善される場合もあります。

しかし、頭痛や手足のしびれ、腰痛などの他の症状が現れてきたり、
他の重大な病気が潜んでいる可能性もあります。

あまりにも続くようであれば、一度医師による診察を受け、適切な治療を行うことが大切となります。

整形外科
まず最初に受診するのはこちらになるでしょう。
骨はもちろんのこと、肩をとりまく筋肉、関節、神経などを診てもらえます。
原因がわかれば治療をしてもらえます。
多くの場合は、筋肉を柔らかくする薬や、痛みをとる湿布薬などが処方されます。

神経内科
頭痛、めまい、手足のしびれを伴う場合、脳やその他の神経、脊椎に異常がないかを調べます。
整形外科で紹介されて受診するケースも多いでしょう。

脳神経外科
神経内科で、脳に異常が見つかると、今度はこちらを受診することになります。
また、主に頭痛の症状が伴う場合なども、脳の異常を重点的に調べるために受診します。

不調の原因がわかれば、気も楽になりますね。

最近では、肩こり外来を設けている病院もあります。

枕の高さ調整をしてくれるなど、独特な視点から診てもらえることもあります。

 

自宅で簡単に取り入れられる解消法

 

各科を受診して、何の異常もなければ、生活習慣からくる肩こりと言えるでしょう。
ここでは、自宅で簡単にできる解消法をいくつかご紹介します。

血行をよくする
ストレッチ、ウォーキングなどの適度な運動を心掛けたり、
効果的な入浴をするなど、身体を温め、血行を良くしましょう。

肩や首を冷やさない
冬の寒い時期は、マフラーなどで首を保護しましょう。

寝る際にネックウォーマーをつけることも効果的です。
夏場は、クーラーの風が直接当たらないように注意しましょう。

ハーブティー
自然のハーブの力を借りることも手段です。
おすすめなのは、血行を良くし、老廃物を排出してくれるローズマリーです。

その他、身体を温めてくれるカモミールティーは、
リラックス効果もあるので、身体の緊張もほぐしてくれるのでおすすめです。

サプリメント
自分の肩こりが、血行不良が最大の原因の場合、サプリメントを取り入れることも効果的です。
ビタミン類、オメガ3脂肪酸、シトルリンなどの成分は、血行を良くしてくれるのでおすすめです。

ハーブティーやサプリメントは、体質に合わない場合もあるので、
安易な自己判断に頼りすぎないようくれぐれも注意しましょう。

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索