1日たったの3分!リンパの流れを良くして肩こりを解消しよう!

1日たったの3分!リンパの流れを良くして肩こりを解消しよう!

現代病とも言える辛い肩の症状

 

現代社会はパソコンやスマートフォンなどのモニターに囲まれています。

会社ではデスクでパソコンでの作業を長時間して、
休み時間にはスマートフォンなどでSNSをチェック、
その上、帰宅後はテレビゲームをするなど多くのモニターを見つめて一日を過ごしている方が多いのです。

一定の姿勢でモニターを見続けることでドライアイを発症してしまったり、
ブルーライトが刺激となり眼精疲労からひどい肩こりに陥ってしまう方が多いのは
こうした現代社会の環境ならではです。

また、デスクワークなど一定の姿勢を長時間続けてしまうことで筋肉が凝り固まってしまい、
血行やリンパの流れが悪化するのでそれも肩こりを引き起こしてしまう原因となってしまいます。

とはいえ、オフィスでのパソコン作業やプライベートで
スマートフォンなどを操作する生活習慣を変えることは簡単にはなかなかできません。

そこで肩のこりをほぐすことができるエクササイズやマッサージを
生活習慣に取り入れることで、うっ血していた肩周りの筋肉をほぐし、
つらい肩こりを解消することができるのです。

こうしたエクササイズやトリートメントはプロの手を借りなくても
自分で行うことができるものもあり、気軽に生活に取り入れることができます。

 

リンパの流れを改善するトリートメントとは?

 

肩こりを悪化させてしまう原因の一つにリンパの流れが悪くなることがありますが、
普段この体液はあまり意識されることがありません。

真っ赤な血液は体のすみずみまで栄養や酸素を運び、
心臓という力強いポンプを持っていますが、透明色のリンパ液は心臓のようなポンプを持たないため、
流れが滞りがちになってしまうので定期的にトリートメントをして流れを促す必要があるのです。

リンパは体にとって不要となった老廃物を運び去る下水道のような働きをしていますが
流れが滞ることで老廃物や疲労物質が溜まってしまい肩こりの原因となってしまうのです。

そこで例えば、植物性のオイルを使ったセルフトリートメントをすることをおすすめします。

スイートアーモンドやセサミなどのオイルを手に取り肩周り、首周りにたっぷりと塗布します。

そして、首筋をなでるように上下にさすり、温めます。

次にデコルテの鎖骨の周辺を念入りにトリートメントしましょう。

ここには重要なリンパ節があるため、刺激することで
老廃物をこしとられるのをサポートすることができ、肩こり解消をすることができるのです。

同様に脇にも重要なリンパ節がありますので、腕の付け根も念入りにトリートメントしましょう。

 

マッサージとエクササイズを毎日の習慣に

 

マッサージを行う際に最も効果が出るのが肩甲骨周りです。

肩甲骨の周りには僧帽筋という大きな筋肉があり
この筋肉がうっ血することで疲労物質が溜まり、肩こりを引き起こしてしまうのです。

オイルをたっぷりと塗って広く僧帽筋をなでるようにトリートメントし、
肩甲骨周りにあるコリコリとした塊をほぐすようにすると
背中全体が温まって血行が良くなっていくのを実感できます。

こうしたトリートメントは入浴後に行うことで
より血行やリンパの流れを促進することができ、オイルによる肌への保湿効果も期待できるのでおすすめです。

また、オフィスでも手軽にできるストレッチのエクササイズも肩こりの緩和に効果的です。

一方の腕を前に突き出し、その腕にもう片方の腕を引っ掛け
反対側にギュッと引っ張ることで肩甲骨を刺激して筋肉のうっ血を解消することができますので、
一方の腕をストレッチした後、反対側の腕も行います。

背中から肩甲骨をはがすようなイメージで行うと心地よい刺激を得ることができます。

オイルマッサージとは違い衣服を着たまま、
椅子に座ったままでも行うことができますので
日常的に取り入れることができる大変手軽な3分エクササイズとなります。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索