辛い肩こりに負けない!肩こりに打ち勝つ3つの対処法

辛い肩こりに負けない!肩こりに打ち勝つ3つの対処法

肩こりをほぐしてくれるマッサージについて

 

マッサージは、酷い肩の痛み、こりにもとても有効なものです。

これは、マッサージを行うことで、体が凝り固まっている状態をほぐすことが出来ること、
そして、そのほぐす力によって、肩の痛みの原因となっている血の塊を、
上手に血流の流れを良くすることなどが出来るからです。

そのため、リンパに沿った形でのマッサージはとても効果的です。

もし、オフィスなどでこのような酷い肩の痛みを感じた場合には、
休憩室などを使って、ゴルフボールなどでも、このようなマッサージが可能です。

壁などに体をつけ、肩の痛い場所にゴルフボールを、
リンパの流れにそって押し込む形で、かなり肩の痛み、辛いこりがなくなっていくことが分かります。

また、家などの自宅では、このようなゴルフボールを使って、もっと簡単にマッサージを行うことが出来ます。

まず、ベッドなどに横たわり、体の痛い部分、肩の痛みが激しい部分に、
上記のようにリンパの流れに沿った形で、ゴルフボールを置き、
そのまま眠れば、暫く時間が経過すると、肩がとても軽くなっていることが分かります。

そのため、寝る前などに、このようなマッサージを行うことで、
すっきりと眠りにつくことが可能です。

運動を行い肩こりに打ち勝つ対処法

 

肩こりになってしまう原因の一つに、運動不足であることが、よく指摘されています。

これは、肩こりと運動が関係している理由として、
まず、運動不足になってしまうと、肩の周りの筋肉がどんどんと衰えてしまいます。

そのため、重い首などを支えることの出来る筋肉が足りないことから、肩が重く、だるく感じてしまうのです。

そのため、運動を行うことは、肩こりに打ち勝つとても良い方法の1つとなっています。

運動については、水泳などの水の中で動く運動は、とても効果的であるとされており、
同時に、ダイエットにもなるため、一度で、2重に効果がある、とされています。

水泳などが良い理由としては、肥満体型の人でも出来るスポーツであること、
また、水の中では体がとても軽く、負担などがあまりかからず、
ご高齢の方でも出来るスポーツであること、
このような理由から、老若男女を問わずに行うことが出来るスポーツになっています。

医師の先生が勧める運動は、このように水泳やスイミングであり、
酷い肩こりを持っている人へは対処法として、
水泳やスイミングのように水の中で出来るスポーツとして、
この他にも、水中のエアロビを勧める医師の先生もおられます。

短時間でも肩の周辺をもみほぐすことが大切

 

短時間でも肩の周辺をもみほぐすことで、肩が完全に固まり、
血が鬱血したような状態になることを防いでくれます。

これは、医師の先生も勧める方法であり、
1時間ほどパソコンの操作やスマートフォンや携帯などの操作を行った後には、
必ず、最低でも15分以上は休憩をとり、
その間に、肩の周辺をもみほぐすこと、また肩や腕をぐるぐるとまわすことで、
肩が凝ってしまった状態を、もっと軽い状態に治すことが出来ます。

これは、上記のように、少しの休憩時間でも、
必ずパソコンやスマートフォンなどの操作を連続して行った後には行った方がよい方法であり、
あまりにもパソコンやスマートフォンを連続して、1時間以上使っていると、
目が疲れる結果、また、ブルーライトを浴びる結果として、肩の痛みが急激に重くなります。

そのため、上記のように、短時間でも休憩をとり、
休憩時間には、必ず自宅やオフィスで、肩の周辺などをもみほぐす、
肩や腕をぐるぐるとまわす運動を行う、
このようなことをするだけでも、まったくその後の肩の痛みが違ってきます。

特に、連続して仕事をしている人は、忙しさから
このような時間を作ることも難しいですが、短時間でもこのような運動をすることで、楽になります。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索