スピルリナと薬を併用する場合の注意点とは?

スピルリナと薬を併用する場合の注意点とは?

スピルリナとワーファリンの併用に注意

 

病気を患ってから身体の不調が続くという時に、
サプリメントを摂取して、調子のよい状態を維持したいと望むようになる方も多いにいます。

そのような人におすすめの成分が、スピルリナです。

この成分には、健康を助ける優れた栄養素が豊富に含まれることから、現在、注目を浴びています。

しかし、病気を治療中の人の中には、摂取を注意すべき例があります。

それは、血液凝固阻止剤である、ワーファリンを服用している場合です。

このワーファリンとスピルリナを併用すると、薬の効果を弱めてしまうことに気を付けましょう。

ワーファリンは血栓を予防する薬として、循環器系の疾患を持つ人が利用しています。

血栓ができないように、血液の粘度を和らげる効果がありますが、
スピルリナには逆に血液を固める働きのある栄養素が含まれています。

ビタミンKがそれに該当します。

ビタミンKは医療現場でも使われるもので、出血を伴う疾患の治療時に使われることが多いものです。

両者は全く逆の作用を持っていることから、併用することでお互いのよさを打ち消し合ってしまい、
薬の効果が十分に発揮できなくなるという、問題を抱えています。

循環器系の疾患を持つ人は、ビタミンKの摂取は控えるようにしましょう。

 

その特徴を知れば安全に摂取可能

 

ワーファリンのような循環器系の疾患、例として高血圧症や高脂血症、脳梗塞、
心筋梗塞などの持病を持っている人は、スピルリナの摂取を控えるべきですが、
基本的にこの成分は市販のサプリメントとして存在するもので、
副作用のリスクを持つ薬ではありませんので、循環器系の疾患を持つ人以外なら、安全に取り入れることができます。

但し、健康や美容効果を早く得たいからと、闇雲に大量摂取をするのはやめましょう。

他のサプリメントでもありますが、スピルリナの特徴としても、好転反応というものがあります。

摂取をしている内に、様々な症状が改善される兆しが見られる前の段階として、
一時的に症状が悪くなるというものです。

この一時的な好転反応として、腹痛やニキビの悪化、便秘や下痢、皮膚が敏感になるなどの副作用が起こります。

しかし、この症状はあくまでも一時的で、正しく摂取していればすぐにおさまります。

また、この成分にはクロロフィルと呼ばれる葉緑素が含まれています。

クロロフィルは大量に摂取すると、フェオホルバルトという光過敏症の原因物質を作り出してしまう危険があります。

光過敏症を防いだり、好転反応を強く発生させないためにも、1日の摂取量を守るようにしましょう。

 

スピルリナの持つ健康や美容効果

 

スピルリナがもたらしてくれる健康や美容の効果として、免疫力の向上が第一にあげられます。

人の身体は常に外部から刺激を受けていますが、皮膚や粘膜など、
あらゆる部分のバリア機能が働き、健康被害を防ぐことができます。

バリア機能を高めるのが、免疫力です。

まだ幼い子供や、病気を患ったり、歳を取ることで免疫力が落ちたり、未熟な状態になりやすくなります。

スピルリナには良質な栄養素が豊富に含まれますので、これを日常的に取り入れることで
不足しがちな栄養素をバランスよく吸収し、風邪やインフルエンザ、
アトピーなどのアレルギー、生活習慣病になりにくい丈夫な身体を手に入れることができます。

抗酸化作用を持つ、核酸が含まれることから、細胞の生まれ変わりを助け、美肌を維持しやすくなります。

核酸には末梢血管拡張作用もありますので、循環器系の疾患を
まだ元気なうちから予防する目的としても、活用することができる点に注目しましょう。

ワーファリンで病気の治療を行っている人では摂取が難しいのが現状ですが、
予防効果についてはスピルリナが大いに役立ってくれます。

いつまでも健康的で、美しい姿を維持するためにも、早い時期からの摂取がおすすめです。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索