初めてスピルリナを飲むときに気をつけたいこと

初めてスピルリナを飲むときに気をつけたいこと


スピルリナとはどんなものか?

 

自然界に存在しているスピルリナは、健康食品に使われているスピルリナとは多少違うものになっています。

スピルリナは単細胞の微細な藻の一種で、強アルカリ性の水の中に生息しています。

健康食品に使われているスピルリナは、アルスロスピラ属の植物になります。

とても似た性質を持っていて、どちらも様々な栄養素を豊富に含んでいます。

自然界にあるスピルリナは日本では食用として利用できないので、
似ている性質の植物をサプリメントとして摂取できるようになっているのです。


スピルリナは、もともと中南米やアフリカの湖に生息しています。

現地で食べられているのを見ていたフランス人が健康食品に開発して広まっていきました。

スピルリナは食物繊維アミノ酸だけでなくビタミンミネラルなどが豊富に含まれていて、
現在の偏りがちな食事の栄養バランスを整えるのに役立っています。

近頃は徐々に人気を集めていて、サプリメントにあまり縁のなかった
高齢者の方たちにも手放せないという方が出てきていて、広く普及してきています。

スピルリナはとても様々な栄養素を豊富に含んでいますので、たくさんの方の健康を支えてくれます。

 

スピルリナの効果について

 

腸の内の状態は身体全体の健康に繋がりますが、スピルリナには、腸の調子を整えるという、ありがたい効果があります。

特に便秘に悩んでいる女性になどに効果的です。

しかし、スピルリナは食物繊維を豊富に含んでいるため、
たくさんの量を一度に摂取すると副作用として下痢を引き起こす可能性があります。

服用する人によって現われ方は異なりますが、初めて服用するときは五粒ぐらいの摂取量から始めるのが良い方法です。

メーカーによって様々ですが一日平均して四十粒ぐらいの摂取量が推奨されていることが多くなっています。

しかし、一度にそんな量のスピルリナを服用したら下痢になりやすい人は悪化する恐れがあります。

体調と相談しながら、少しずつ始める方が無難です。

過剰に摂取した場合は身体の外に排出されますので注意が必要です。

せっかく服用しても、すぐに身体の外に排出されるなら、せっかく摂ったサプリメントが無駄になってしまいます。

自分に適している摂取量を見極め、服用する量を体調に合わせて調整するというのも身体に優しい服用の方法になります。

また、初めて服用した際に下痢になってしまっても、
繰り返し服用しているうちに身体が慣れてきて下痢の症状が起こらなくなることもあります。

 

初めてスピルリナを飲むときに気をつけたいこと

 

スピルリナを服用すると、上記のように下痢などの副作用のような症状が現われることがあります。

飲んでいる人全員に起こるという訳ではなく、現われる症状の度合いも様々になります。

人によっては身体と相性が良くないこともあります。

現われる症状としては、とても喉が渇く場合や、腹痛を起こす場合、
下痢になる場合、吹き出物ができる場合などがあります。

スピルリナに限らず、健康食品を摂取し始めに、急に吹き出物など出来てしまうことがあります。

この症状は、身体が初めて取り入れられた物を察知して過敏に反応したためです(好転反応)。

身体全体に良い反応の場合でも、最初のうちは身体に溜まっていた毒素が排出されることにより、引き起こされます。

しばらく摂取し続けると、身体に本当に合うものか、合わないものかが理解できるようになります。

吹き出物などができやすい人は、スピルリナを摂取する以前に不摂生な生活習慣であった場合が多いです。

不健康だったため、その分、溜まっていた毒素も多かったということになります。

摂取しても身体になにも変化がない場合は、現状が充分に健康である可能性があります。

また、摂取した量が多すぎて余分な栄養素が吹き出物として排出されるということも考えられます。

最初は少量ずつ、そして、徐々にメーカー推奨量に近づけていき、
各個人、摂取量をそれぞれ考えつつ、健康補助として取り入れていきましょう。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索