スピルリナのサプリ、どんな形状のものを選ぶべき?

スピルリナのサプリ、どんな形状のものを選ぶべき?

スピルリナサプリにはどのような形状がある?

 

遠い昔から地球に存在し、豊富な栄養成分が含まれているとして
今話題となっているスーパーフード「スピルリナ」ですが、その形状には様々あります。

せっかく豊富な栄養成分を含んでいるのですから、
しっかりとその成分を吸収できるサプリメントを購入したいものです。

そこで、スピルリナサプリを購入する前に、どのような形状があるのかを知っておきましょう。

現在国内外で販売されているサプリメントには、錠剤型(タブレットタイプ)・粉末型・カプセル型などがあります。

これらは、どれもスピルリナを配合したサプリメントであり、
それぞれのタイプで栄養成分が多い・少ないという優劣があるわけではありません。

では、どうして様々なタイプが販売されているのかと言うと、
それは、それぞれのライフスタイルに合わせた摂取方法を選択できるようになっているからです。

例えば、毎朝通勤などで忙しい方は、
時間がない時でも簡単に飲めるように錠剤型(タブレットタイプ)を選択したり、
朝食のスムージーに入れて飲みたい方には粉末タイプを、
また錠剤型が飲みにくい方はカプセル型を選択したりと、
目的や好みによって飲み方も変わってくるため、それぞれに合ったサプリメントが揃っているのです。

 

錠剤型・カプセル型のスピルリナの特長

 

タブレットタイプやカプセルタイプの特長は、
まず摂取したスピルリナの量を正確に把握することができる点が挙げられます。

スピルリナの錠剤は、他の栄養成分からできているサプリメントよりも粒が大きく、
栄養成分も1錠に凝縮されています。

そのため、摂取する量によっては粉末タイプよりも多くなる場合もあります。

サプリメントにはそれぞれ1日に摂取するのに適した分量を記載しており、
あるメーカーのものでは1日4粒~8粒程度で補うことが可能となっています。

一方、粉末では、目見当となりやすく、きちんとした分量を把握しにくい点があり、
摂取量によっては高い効果を得ることができない場合も出てきます。

こうしたことから、タブレットタイプは用量・用法を守って摂取することで高い効果を得やすくないます。

さらに、スピルリナ自体の味を苦手とする人も多くいるため、
こうした方でもスムーズに飲めるよう錠剤型、カプセル型を揃えている訳です。

これらのタイプでは、忙しい方でも無理なく続けられることができ
携帯もできるため、外出先でも気軽に摂取することができてとても便利です。

始めて飲む方は、このタイプのサプリメントから始めてみると良いでしょう。

 

粉末タイプのスピルリナの特長

 

粉末タイプのスピルリナは、水などにすぐ溶けるため
飲み物に混ぜてドリンクとして摂取することができます。

味は青汁のような青臭さと言うよりは、磯の香りに近い風味を感じる方が多く、
人によりますが、それほど飲みにくいものではありません。

それでも多少、味が気になる場合には、他の野菜やフルーツを混ぜてスムージーにしたり、
牛乳に混ぜて飲みやすくするのも一つの方法です。

また、料理やお菓子の材料として使用するのも良いでしょう。

例えば、子供のおやつとしてクッキーを焼く際に、
クッキー生地の中にスピルリナの粉末を少し混ぜて焼くことで、美味しく頂くことができます。

この時、アーモンドやクルミ、レーズンなどを混ぜることでスピルリナの独特な味を消すことができ、
ナッツ類やレーズンに含まれる他の栄養素も補給できます。

バランスの良い食事を摂れていない時や、
ドリンクとして飲みたい時など利用目的は限定されがちですが、
適量を守って利用することで、料理の幅も広がりますし
家族みんなが自然と健康な体になっていくため、一石二鳥でもあります。

料理などに混ぜる場合には、メーカーの指示する適量を混ぜると味が変わってしまう欠点もありますが、
味を気にするのであれば、錠剤型などを選択したほうが無難かもしれません。

スピルリナを自分に合ったスタイルで摂取することで、
体の内部からきれいになり健康・ダイエット・美容と様々な効果を得ることができるでしょう。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索