スピルリナは妊娠・授乳中でも問題なく飲める?子供に飲ませる場合は?

スピルリナは妊娠・授乳中でも問題なく飲める?子供に飲ませる場合は?


スピルリナの効果とは?

 

スピルリナは、古来からから存在していた藻類の一種で、
現在は様々な効果が期待できるスローフード(スーパーフード)として注目を集めています。

スピルリナには必須アミノ酸を始め、私たちが生きて活動していく上で重要な栄養素である
たんぱく質ビタミンミネラル食物繊維などが豊富に含まれています。

健康だけでなく美容やダイエットにも効果があるとして話題になっています。

スピルリナはアルカリ性の食品であるため、
それを摂取することで体内がアルカリ性となり免疫力を高め、
風邪やアトピーなどの症状を発症しにくくしてくれる免疫向上効果が期待できます。

その他、食物繊維が含まれていることで、デトックス作用や便秘の改善にも有効なので
ダイエットにも非常に役立つ以外に、不足しがちな栄養素を補ってくれるというメリットもあるのです。

また、身体の老化を抑制する抗酸化作用もあり、
ビタミンミネラルなどの栄養素を含んでいるので、美容に気遣う人にもおすすめといえます。

生活習慣が乱れがちで肌荒れしている人や、栄養バランスが悪くて体の不調が続いている人、
ダイエットをしていても健康的な生活を送りたい人にぜひ摂取してほしい万能フードと言えます。

 

妊娠中や授乳中も問題なく飲めるの?

 

様々な効果が期待できるスピルリナですが、妊娠中や授乳中には摂取していいのか気になるところです。

特に妊娠中というのはおなかの赤ちゃんのためにも良質で多くの栄養素が必要な時期ですが、
あまり食べてしまうと体重に影響して難産になることもありますので、
少ない量でしっかりと栄養を取ることが大切になってきます。

また、授乳中においても栄養バランスの取れた食事をすることが良質な母乳を作る秘訣なのですが、
慣れない育児で忙しくなるとバランスの取れた食事を食べるというのは難しくなってきます。

基本的には、スピルリナを妊娠中、授乳中に摂取するのは問題はないとされています。

鉄分も含んでいるので、鉄分不足になりやすい妊娠中に摂取するのはおすすめといえます。

ただし、摂取量が過剰になると思わぬ健康被害を生まれることがありますので、
一日の摂取量を守ることが前提となります。

ビタミンミネラル必須アミノ酸たんぱく質など、
妊娠中や授乳中には必要不可欠な栄養素が含まれているスピルリナはまさに理想的な食べ物と言えます。

しかし、妊娠中はどんなことが起こるかわからないので、
摂取する際にはあらかじめ医師に相談してから摂取するのが望ましいといえますので、
必ず確認を取ってから摂取するのが望ましいでしょう。

子供が飲んでも影響はないの?

 

これだけ様々な良い効果が期待できるスピルリナですから、
大切な子供に摂取させたいと考える親御さんもいることかと思われます。

スピルリナは錠剤型のサプリメントになっているので、
普通に錠剤を飲むことができるお子さんであれば摂取しても問題ないとされています。

実はスピルリナには、セシウムを体外に排出する作用があるともいわれていて、
ロシアの放射線医療研究所においてチェルノブイリ原発の事故で
後遺症に苦しむ子供たちにスピルリナを摂取させたところ実に83%の子供たちの放射線濃度が減少したといわれています。

放射能が原因とされる白血病の白血球の減少を抑制する作用も期待できるほか、
数多くの薬剤の服用による腎臓障害のリスクも軽減するといわれています。

ただ、甲状腺機能低下症や亢進症などの場合、
海藻類を摂取することが制限されますので摂取する場合には医師に相談するようにしましょう。

体質によってスピルリナのたんぱく質が体に合わずに、
下痢やかゆみなどの症状が出る場合にはありますので、
何かおかしいと感じたら直ちに摂取を中止するようにしましょう。

健康や病気の予防だけでなく美容、ダイエットにも効果的なスピルリナを、
上手に摂取して日常生活に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索