スピルリナの有効成分である必須アミノ酸の一種“フェニルアラニン”とは?

スピルリナの有効成分である必須アミノ酸の一種“フェニルアラニン”とは?

神経伝達物質の材料になるフェニルアラニン

 

スピルリナに含まれている必須アミノ酸フェニルアラニンは、
ドーパミンアドレナリンノルアドレナリンといった神経伝達物質を合成する材料になり、
こうした神経伝達物質は分泌量の増減によってさまざまな感情の変化をもたらします。

ドーパミンは運動機能において重要な役割を果たしている物質で、
手足を動かしたいと思った時にスムーズな動作ができるのは、
ドーパミンが脳が出した指示を筋肉や神経に伝えているためです。

ドーパミンには気分を高揚させてやる気を出す働きもあり、分泌量が安定していると集中力が高まり活動的になります。

アドレナリンは緊張や恐怖、不安感などのストレスに直結している物質になり、副腎で合成されています。

闘う、あるいは、逃げるといった生きるために必要な本能を刺激する働きを持っていて、
一時的に運動機能を高めることもあります。

ノルアドレナリンアドレナリンと同じく心身に緊張をもたらして運動機能を活発にするのですが、
ノルアドレナリンの方が精神や感情に働きかける力が強く、記憶力や集中力を高める作用があります。

スピルリナを摂取してフェニルアラニンで神経伝達物質が作られると、
ドーパミンがやる気を起こし、ノルアドレナリンで集中してアドレナリンで体を動かすといった流れになります。

 

フェニルアラニンが不足すると?

 

フェニルアラニンは体内では作ることができない必須アミノ酸なので、
スピルリナなどのサプリメントや食品などから摂取する必要があります。

食生活に偏りがあり必要量が摂れなかった時、神経伝達物質が合成できなくなるため、さまざまな問題が生じてきます。

ドーパミンが不足すると脳の指令が体にうまく伝わらなくなるので、
運動機能の低下やパーキンソン病を発症することがあります。

脚に不快な感触がありじっとしていられなくなるむずむず脚症候群も、
ドーパミン不足の影響が大きいと言われています。

精神面では気分の低下が著しくなり、うつや統合失調症などを発症する可能性も出てきます。

ノルアドレナリンが不足すると負の感情が強く表れるため、
怒りっぽくなりささいなことですぐに落ち込むようになってしまいます。

記憶力や集中力の低下も見られるようになり、勉強や仕事に対してやる気が持てず、ぼーっとした状態が長くなります。

アドレナリンが不足すると恐怖心が強くなるので不安感が増し、
布団に入っても眠るまでに時間がかかる、眠りが浅い、夜中に何度も目が覚めてしまう、
といった睡眠障害を起こすことがあります。

心身の状態を安定させる上では、フェニルアラニンは欠かせない成分となっています。

 

フェニルアラニンは摂り過ぎても大丈夫?

 

フェニルアラニンが含まれている食品には、大豆やごま、ピーナッツなどがあります。

スピルリナで簡単にフェニルアラニンが摂取できるとなると、
心配なのは成分の過剰摂取です。

摂り過ぎによる強力な副作用はありませんが、体質によっては影響を及ぼすこともあります。

フェニルケトン尿症はアミノ酸代謝の異常によって起こり、
フェニルアラニンを摂取した時に神経伝達物質に変換するための酵素が存在していないため、
成分が体内に蓄積し尿中にフェニルケトン体が多量に混ざってしまいます。

この病気に該当する場合は摂取量を制限しなければならず、スピルリナの利用は控えるようにします。

この成分には血圧を上げる作用もあるため、高血圧の人や妊娠中は摂取量に注意が必要です。

過剰摂取によって体内での量が増えてしまうと、トリプトファンの吸収が阻害される可能性もあります。

トリプトファンは、ドーパミンやノルアドレナリンの働きを調節する役割を持つ
神経伝達物質のセロトニンを合成する時の材料になります。

スピルリナは吸収力に優れているので
サプリメントでスピルリナの栄養素を摂取する時には
容器等に表記されている1日分の目安になる分量を守って飲むようにしましょう。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索