スピルリナは不妊にも効果的?いったい何故なのか?

スピルリナは不妊にも効果的?いったい何故なのか?

スピルリナはどういうもの?

スピルリナはスーパーフードといわれている藻の一種で、
とにかく栄養バランスがとれている上に栄養素も豊富なことで知られています。

特に多く含まれているのがタンパク質で、55%から70%ほど含んでいます。

他にも食物繊維ビタミンミネラルなどたくさんの栄養素を含んでいます。

同じ藻といえばユーグレナもありますが、この2つでは含まれている栄養素に違いがあり、
歴史的にもスピルリナのほうが古く、古代から食用として栽培されていたといわれています。

健康効果としては免疫力をアップしてくれますし、ダイエット効果も期待できます。

またデトックスできるので美容効果もあるといわれています。

ただし藻ですから海藻のアレルギーがある方の場合は摂取をしないほうが副作用も出なくて良いでしょう。

また持病があって薬を服用している人も摂取する前には
担当の医師に相談しておくほうが安心して飲むことができます。

もちろん薬ではありませんから、効果の即効性はありません。

継続的に飲むことによって体質改善ができ、いろんな良い効果を得ることができるのです。

サプリであれば毎日癖付けすることで継続しやすくなりますので、おすすめです。

 

不妊改善効果も期待できる

 

様々な効果があるとされるスピルリナですが、実は不妊改善の効果もあるといわれています。

妊娠をする時に積極的に摂りたい栄養素には葉酸ビタミンEがあります。

ですが、この2つには欠点があり、葉酸は水に溶けやすく、
ビタミンEはボリュームのある食事に含まれていることが多く、必要量を摂取することが難しいのです。

できればこの2つは同時に摂取するほうが良いとされているので、サプリが向いていると考えられます。

葉酸ビタミンEもスピルリナには含まれていますし、一石二鳥です。

そして含まれているもののひとつであるミネラルは生理不順などの改善には
必要なホルモンバランスを整える効果が期待できます。

またクロロフィルも女性の生理や血液の生成に深く関わりをもっています。

また余計な不純物を排出する効果があるため、血流の改善にもつながりますから冷え性も改善されます。

女性にとって冷え性は大きな問題で、冷え性になっていると妊娠しにくいともいわれています。

一度体温を上げるだけでも大きな違いがありますので、
これらの効果を1度に改善できるのは大きなメリットだといえるでしょう。

サプリやドリンクで簡単に摂取できるのも魅力です。

 

スピルリナは一日どれくらい摂取したらいいの?

 

スピルリナは食品のため、アレルギーなどがない限りは副作用が出てしまうという心配もありません。

それではスーパーフードといわれるスピルリナを
一日にどれくらい摂取したら不妊に効果を期待できるのでしょうか。

スピルリナは粉末や錠剤などのサプリで販売されていることが多いですので、どれを選ぶかは好みになります。

自分が飲みやすいもので摂取するほうが継続できます。

どの場合も持ち運びはしやすいですから旅行などにも気軽に持っていくことができます。

1日3gから4gほどの摂取が目安です。

サプリメントの場合は摂取量の目安が書いてあるので、そちらを参考にすると良いです。

飲むタイミングですが、スピルリナは摂取するとおなかが膨らむという効果がありますので
食前1時間ほどの時に飲むのが良いでしょう。

食べ過ぎなどを防ぐことができます。

また二日酔いの時は飲酒後の肝臓の負担を減らしたり、
アルコールの代謝を促すことから飲酒後や寝る1時間ほど前に摂取しておくのが効果的です。

とにかく毎日継続するようにしましょう。

粉末やパウダーであれば、手作りのおやつや
パンなどに混ぜ込んで作ってもおいしく摂取することができます。

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索