藻?今注目されているスピルリナの美容効果とは?

藻?今注目されているスピルリナの美容効果とは?


スーパーフードとして注目されるスピルリナ

 

スピルリナとは0.3~0.5ミリ程度のごく小さな植物です。
分類としては川辺の岩などに生える藻に近いのですが、
この植物は現在「スーパーフード」として非常に注目を集めるようになっています。

では、どうしてこのスピルリナという植物が
スーパーフードとして注目を集めているのかと言うと、
まず大きな理由になるのがそこに含まれる豊富な栄養素です。

一般的に栄養の中ではたんぱく質・脂質・糖質・ビタミンミネラルの五つを総称して
5大栄養素と称するのですが、この植物の中にはこの5大栄養素全てが含まれているのです。

さらに人体の中で合成できない必須アミノ酸9種をすべて含んでいる上
吸収にも優れているという特徴がありますから、食物としてはこの上なく優秀な特性を有していると言えます。

藻として食するよりもサプリメントとして摂取することが多い植物ですが、
普段の食生活で不足してしまう栄養素の大部分をカバーすることができると言うことで
食糧危機が到来したときの対抗策になりえる植物であるとされているのです。

そして人間の美しさを保つには当然、栄養素が必要ですから、
スピルリナは美容にも効果のある食品として扱われるようになりました。

ここではスピルリナの持つ美容効果について取り上げていきます。

 

スピルリナの持つアンチエイジング作用

 

では、まずスピルリナが持つ美容効果として注目したいのは
何かというところでまず挙げられるのは「アンチエイジング作用」です。
アンチエイジング、つまり老化を食い止める効果は、現在、さまざまな化粧品でも注目される分野です。

しかし、化粧品は身体の外側に使用するものですから、
内側の老化を食い止める効果は微々たるものでしかありません。

その点においてスピルリナはさまざまな栄養素をその中に含んでおり、
特に確認したいのがフィコシアニンというたんぱく質と核酸の二つです。

まずフィコシアニンは肌に炎症を起こす物質の分泌を抑制する作用があり、
核酸は体内の活性酸素を減少させる作用を有しています。

そのため、まず肌にダメージを蓄積させて細胞を破壊する炎症をフィコシアニンで防ぎつつ、
体の免疫機能によって生成される活性酸素の暴走を食い止めるという
最高クラスの美容効果を期待することができるわけです。

特に人の老化と活性酸素の働きは非常に密接なかかわりを持っています。

健康を保つために適量が必要であるとはいえ増えすぎた活性酸素は
生活習慣病を引き起こすリスクともなりますから、
健康で美しい体を保つためにスピルリナは非常に高い効果があるのです。

 

便秘・肥満の解消効果

 

続いてチェックしたいスピルリナの美容効果となるのが「便秘・肥満の解消」という効果です。

便秘も肥満も女性の美しさにはまさに大敵と言って良い存在です。

いつの世も便秘解消のための運動やサプリメント、
肥満を解消するためのダイエットは女性の注目の的になります。

さて、ではスピルリナがこうした美の大敵に対してどう作用してくれるのかについてですが、
ここでチェックしたいのがスピルリナに含まれる食物繊維必須アミノ酸です。

食物繊維は多くの人が知るように便通を整える作用のある成分ですし、
必須アミノ酸は健康な人の体を構成する上でなくてはならない存在です。

特に必須アミノ酸が十分に体内に取り込まれていると脂肪を燃焼させる作用のある脂肪燃焼酵素や
脂肪細胞の中の脂質をエネルギーとして燃焼させる作用のあるリパーゼの分泌が盛んにおこなわれるようになります。

残念ながらダイエットに関しては「飲むだけで痩せる」というようなものでもないのですが、
しっかりとした運動を心がけているのであれば
非常に効率よく脂肪を燃焼させることができ、かつ便秘も解消できるようになるわけです。

このように美容効果の極めて大きいスピルリナですから、今後もさらに注目を集めていく可能性が高いと言えます。

 

 

スピルリナ その1

スピルリナ その2

 

 

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「スピルリナ」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索