睡眠薬、サプリメント、睡眠の仕組みを知って上手に使おう

睡眠薬、サプリメント、睡眠の仕組みを知って上手に使おう

 

睡眠の仕組みってどうなってるの?

 

人間、いや、生命全てが必要としている睡眠。

体の疲れはゆっくり休むだけでも癒せますが、
脳の休息は睡眠によってのみ回復することができます。

眠ることで精神的な疲労を癒してくれるのです。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンが、
新陳代謝を促したり、皮膚や筋肉、内蔵などを修復したりしてくれます。

要するに一日活動して疲れた体を元通りにしてくれるんですね。
人間は睡眠を取るとき、まず深い眠りのノンレム睡眠に入ります。

この間こそが脳の休まっているとき。

眠りが深くなるに従って、呼吸の回数や脈拍なども少なくなります。

ちなみに昼寝や居眠りは、ほとんどがノンレム睡眠。

だからこそ、起きた時にスッキリ感じるのですね。

そしてその後、体は眠っているのに脳が起きている浅い眠りのレム睡眠へと移っていきます。

これは、体が目覚めへと準備している時期。

脳が活動しはじめているので、眼球が動いたり、呼吸や脈拍が上がったり、夢を見たりします。

ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は約90分ですが、睡眠時間が長くなるにつれてレム睡眠の時間も長くなり、
体は本格的に起きる状態へと導かれていく仕組み。

 

寝覚めをよくしたい方は、このタイミングをはかって目覚ましを掛けるといいですね。

 

眠るために、日常生活で気をつけること

 

睡眠が体に必要なことは分かりました。

けれども、眠るのが苦手なんです。

ベッドに入っても、さっきまでは眠かったのにいきなり目が冴えてしまって、眠気もやって来ない…。

あるいは、一度起きたら、まだ真夜中なのにもう眠れない…。
そんな方が、日常生活の中でできる改善点があります。

たとえば、夕食後にカフェインを飲んでいませんか?

カフェインは、かなり強力な興奮剤。

しかも効果が半減するのに8時間もかかるんです。

コーヒーだけではありません。

食後に飲むお茶が不眠を招いているのかも。
あるいは、不規則な生活を送っていませんか?

特に食生活は睡眠に大きな影響を与えます。

朝食を取れば体が起きますし、過分な夕食は寝付きを悪くしてしまいます。

毎日のことですから、気をつけるようにしたいですね。
また、軽い運動も効果的です。

ウォーキングやジョギング。寝る前のストレッチなどもかなり有効。
それから、体内時計を意識することも重要です。

というのも、人間の体内時計は約25時間仕様。

これを毎日24時間に戻さないといけないのです。

そのために覚えておきたいのが、光の使い方。

朝は朝日を浴びましょう。そして、夜の明るすぎる環境はNG。

電気を暗めにして、パソコンやスマホの使用は控えるようにしましょう。

 

それでもだめなら、

睡眠薬やサプリメントを使うのもアリ

 

色々工夫した。だけどやっぱり眠れない。

そんな時には奥の手、睡眠薬やサプリメントに頼るのはいかがでしょう。
市販されている睡眠薬だと、
エスエス製薬のドリエル、ドリエルEX、大正製薬のネオディ、皇漢堂製薬のリポスミンなどがあります。

それぞれの含有成分はジフェンヒドラミン塩酸塩が50mgですが、
ドリエルEXはラベンダーアロマが配合されていて、リラックスを促してくれます。

また、ネオディは錠剤が小さいので女性におすすめ。
サプリメントなら、トリプトファンが入ったものがおすすめ。

トリプトファン必須アミノ酸のひとつ。

体内に入った後、セロトニンに変化します。

そしてこのセロトニン、夜には睡眠ホルモンのメラトニンに変わって眠りを促してくれるのです。

トリプトファンは、通常は体重1kgにつき、2mgが必要とされていますが、
不眠を解消するために摂取するなら500mg〜600mgくらい飲んでおきたいところ。
(過剰摂取には要注意。6000mg以上を取ると反対に脳が覚醒されてしまいます)

 

ほかにも、カモミールラベンダー
ミントやオレンジピールなどのハーブティーも、リラックス効果があるのでおすすめです。

どちらにしても、よっぽど不眠が長く続く場合は、
それが原因で健康状態を損ねる恐れが高くなるため、お医者さんに相談するようにしましょう。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「睡眠安眠サプリメント スリープドロップス」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索