良い睡眠を取るための入浴方法と睡眠環境について

良い睡眠を取るための入浴方法と睡眠環境について


 

よく眠るためには入浴の時間帯に注意する

 

一日の疲れを癒して、ぐっすりとよく眠るためには入浴の質を上げることもとても大切です。

眠る前に入浴するのは一日活動して汚れた体を清潔にするこというイメージが強いのですが、
実は体をきれいにすること以外にとても重要なのが
一日の終わりに血液の流れを整えることにあります。

それは、血流を整え心身ともにリフレッシュできる入浴によって質の良い睡眠を得ることにつながります。

疲れているとつい長湯をしてしまいがちですが、
最も疲れをとって血流を整えるために効果的なのは
眠る一時間半ほど前の時間帯に入るのが適していると考えられています。

冬の寒い時期など、お風呂で温まった体のままベッドに入って眠った方が気持ちも
よいし熟睡できるのではないかと考えてしまいがちですが、
時間帯としては、眠る直前ではなくこれくらい時間をあけて入るのがベストタイミングだと言われています。
あまり長い時間お湯につかり過ぎていると皮脂を奪って肌を乾燥させてしまう恐れもあり、
体がほてり過ぎてよく眠れない状態になることもあります。

眠る時間から逆算してちょうど良い時間帯を選び、
時間は15分から長くても20分程度にすることが質の良い睡眠のためには効果的です。

 

入浴時のお湯の温度も大切

 

熱いお風呂にざぶんと浸かるのは気持ちの良いものです。

けれども全身浴の場合、あまり温度の高いお風呂に浸かることは
体を興奮させてしまうことにつながります。

熱すぎるお風呂に入ると交感神経が急激に上がってしまい
自律神経のバランスが乱れるので危険を招くことにつながります。

熱すぎるお風呂に入ったことで血管が急に収縮してしまい
お風呂で倒れてしまうという事故が起こりやすくなることも見逃せません。

安眠のためのお風呂は39度から40度くらいのお湯が適しており、
この温度のお湯に15分程度ゆっくりとつかることで血流が整い、
細胞や血管がリフレッシュできる入浴方法です。

熱すぎるお風呂やサウナで心筋梗塞などを起こす人がいるのは
脱水症状になってしまうことが原因の事が多いためです。

お風呂に入る前と出た後に少し水分補給することもお風呂の温度に気を配る事と同じくらい大切です。

自宅以外で温泉などで熱いお湯にゆっくりとつかりたい時には、
熱すぎる温度の時にはゆっくり足湯などで体を慣らしてから入るようにするのがおすすめです。

眠る前のお風呂の温度は熱すぎないようにすることで
副交感神経を高めて自律神経のバランスを整えることができます。

 

ぐっすり眠るためには寝室の照明にも気を配る

 

眠りを司るホルモンにメラトニンがありますが、
このホルモンの働きには目から入る光の反応が大きく関係しています。

体が浴びる光の量や色がホルモンの分泌や自律神経に深い影響を与えるので、
眠りにつく前にはメラトニンの濃度を高めるために暖かくてやや暗めの照明が求められます。

自律神経には人の活動や緊張を高める効果のある交感神経と
リラックスして休息を促す副交感神経があります。

朝はベッドから起きたら、
まずはカーテンを開けて朝日を浴びることで体内時計がリセットされて体内時計が正常に刻まれます。

そして一日の活動を終えた夜には、ほの暗く暖かめの照明の中で過ごすことが
睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を促し、心地よい入浴に入るための必要な環境になります。

眠る直前までパソコンの画面やテレビの画面などを見ていることは、
明らかに安眠を妨げ環境を作り出していることにつながります。

質の高い睡眠をきちんととるためには家で過ごす時間は照明に注意して
自然な眠りに入りやすい環境にすることが大切です。

逆にきちんと眠ることができない状態が続くと
うつ病などを発症するリスクが高まるとも言われています。

照明は睡眠と覚醒をコントロールする重要なポイントの一つです。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「睡眠安眠サプリメント スリープドロップス」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索