寝ても疲れが取れない原因と解消法 デメリットと不眠症対策

寝ても疲れが取れない原因と解消法

 

睡眠がとれないことによるデメリット

 

夜になり暗闇にして目をつぶっても、眠れない、
もしくは寝たはずなのに朝起きた時に体が重く感じる症状に悩む人の大半は、
それらすべての症状をひとくくりにして不眠症に悩んでいることになります。

不眠症になると、体の中では様々な悪影響が生まれます。

睡眠の効果は体が寝ていることに集中していることで
心の不安の解消そして脳内情報の整理する時間によるストレス解消と
寝ている間は体の中で代謝が行われ体の再生による病気への回復力を促進させます。

そのことから睡眠は健康にとって根本的に大事なことですが、
不眠症になるとそれらのすべてのことがうまくいかなくなるため体への影響を大きくなります。

心の整理ができないということは
その日々にため込んだ精神不安が解消されないことによって
情緒不安定となりやがて、うつ病への進行するリスクがあります。

そして、睡眠時に行われる代謝による回復力が行われないことで、
その日にため込んだ食事での脂肪分を燃焼できないことによる肥満の増加、
そして病への対抗力を失うことでアレルギーの発症リスクや
健康であればかからないはずの風邪などの症状にもかかりやすくなり
日常生活に不眠症は大きくかかわることになります。

 

睡眠がとれない2つの理由で起こる体内時計の乱れ

 

不眠症の原因としてあげられるのは、
ひとえに寝ている最中の体内時計のリズムが狂いが生じていることですが、
体内時計のリズムを狂わせる原因として、ストレスと肝臓の状態が悪いことが挙げられます。

基本的に良い睡眠というのは浅い眠りと深い眠りが交互に現れることが良いのですが、
ストレスによって体が常に覚醒状態になると深い眠りの頻度が少なくなり
浅い眠りの頻度が多くなる状態になります。

浅い眠りの回数が多くなると寝ているはずなのに
起きているのと同じ状態となってしまうことになります。

そして、寝られない状態が続くとその日に溜まった疲れが解消されないため、
溜まった疲れを分解するために
脳からの指令を受けた肝臓から分解酵素を出して疲れの元を分解しようとします。

しかし、肝臓は沈黙の臓器と言われるほど負荷がかかっているのに
症状として出ない臓器の一つで、

溜まった疲れを取るために出した分解酵素の量が多ければ多いほど負荷がかかるのに
それが表面として出るのにはある程度、進行してから出ることになります。

そのことから浅い眠りが続き脳の指令が過剰に働いて肝臓に負荷がかかることが続くと、
脳が分泌の限界に近いことを教えるために脳の指令が活発になることも
不眠症に発展する原因の一つになります。

 

より良い睡眠を取るための対処法

 

先に言ったとおりに不眠症の原因には、
その日に溜まったストレスが体を過剰に反応させることによって
浅い眠りの回数を増やし疲労物質が溜まり
それを肝臓が分解させるために活動を活発化せることで促進させることによって起こることです。

そのことから不眠症改善にはストレス解消と共に肝臓機能を回復させることが対処法となります。

肝臓機能が衰えることは元気にする栄養が不足する栄養不足が原因なので、
その状態から元に戻す栄養である野菜や果物から取れるビタミンミネラル
そして、シジミなどの貝類に含まれているオルニチンを摂取します。

貝類のオルニチンの場合には毎日摂取することは難しいため、
現在ではシジミエキスを凝縮して一粒で一日の摂取量を取れる
サプリメントなどが販売されているので摂取すると良いでしょう。

そして、ストレスの場合には、実際に自分にとって何が原因で溜まっているのかを把握し
そのうえで原因となる物から離れてそれとは別の物事を集中的に行うことで軽減させます。

さらに睡眠の体内時計をしっかり整えるために、
寝る前の10分前ぐらいからテレビやパソコンなどの強い光を浴びないようにして
暗い光の中で軽い運動のストレッチを行うと改善することができます。

日常の中でのストレスを解消し、また肝機能を考えた暮らしを心がけてみましょう。

 

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「睡眠安眠サプリメント スリープドロップス」

 



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索