睡眠不足が及ぼす子供への影響とは?

睡眠不足が及ぼす子供への影響とは

睡眠は子供の成長に大切

 

赤ちゃんが生まれてしばらくの間は、寝てばかりいる時間が多いものですが
それは成長するために重要な事を証明しているものとも言えます。

だんだんと月齢が上がっていくうちに、眠る時間も少なくなり
大人になると人間の睡眠時間は6時間や8時間などになります。

しかし、子供のうちは、まだまだ体力も無いこと
そして、体の中の器官などが十分に出来上がっていないこともあり
無意識の中にもエネルギーを大量に使っているために、
沢山の睡眠をとることが重要になります。

そのために、あまり眠らない赤ちゃんがいた場合などには、
小児科でしっかりと検査をしてもらったりなどし、診断をしてもらうことも大切になります。

昔から言われてきた日本のことわざに、「寝る子は育つ」というものがありますが
まさにその通りで、睡眠時間を十分にとって、
しっかりと体を休める時間を日ごろから持っている子供は
精神的にも身体的にも健康的に成長していくことは科学的にも証明されているものと言えます。

そのような理由からも、子供がまだ小さいうちから、
しっかりと夜になったらベッドに入り、
穏やかな時間の中で眠りにつくという習慣づけをしてあげることが大切です。

 

睡眠と学習能力の関係

 

だんだんと子供が大きくなり、小学校で勉強をするようになってくると、
今度はその子の能力というものが成績になって表れてくるために、
親御さんとしては、はっきりと自分の子の実力というものを目の当たりにすることになります。

保育園や幼稚園に通っていたころには、多少、走るのが遅いとか、
パズルが出来ないとかいう小さな事なので
あまり気にならないことも少なくないかもしれませんが
通知表などにその評価が出ると、やはりそれは大きなものとなるのです。

ここ数年で改めて問題になっているのが、子供の睡眠時間が減少してきているために
学習能力が以前に比べて劣ってきているというものです。

景気悪化に伴い、家庭の中でお父さんとお母さんの両方が
働きに出るというケースが増えていることもあり、
何かと一日のリズムというものが正しく保てないという家族が多くなっています。

そうなると、子供も理想的な時間にベッドに入ることが出来ずに
夜中まで起きていたりすることも増えて、
日中に学校で授業を受けていても集中出来ないというような結果になります。

その積み重ねにより、年齢相応の学力をキープ出来ないという
子供たちの増加が社会問題にもなりつつあります。

 

睡眠時間と忍耐力について

 

子供だけに限って言えることではなく、睡眠時間が少なくなればなるほど、
忍耐力がなくなるということも広く知られているものです。

しっかりと夜の間に睡眠をとることにより、脳が正常な状態で機能することにもつながるために、
普段からよく眠ることの出来る人は概して忍耐力を持ち合わせていると言われています。

しかし、あまり質の良くない睡眠しかとれない人や、
一日のうちに数時間しか眠れないというような人の場合には、
何かとイライラしてしまったり、ストレスを常に感じてしまったり、
我慢が出来ないという傾向に陥りやすいのです。

ですから、あまりよく眠らない子が学校で友達と問題を起こしてしまいがちであったり、
授業中に言われた課題をこなせないまま落ちこぼれてしまうという事は
教育者の間での常識となっているほどです。

そのような事から考えても、いかに子供にとって睡眠時間が大切であるかということは
お分かり頂けるのではないかと思います。

親に出来ることは限られているものですが、毎日の生活の中で規則正しいリズムを作り、
バランスのとれた食事を与え、夜は決まった時間にお布団に入るという
基本的なことをまずは徹底してあげる事が大切なのではないでしょうか。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「睡眠安眠サプリメント スリープドロップス」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索