不眠に効果的なサプリメントの選び方

不眠に効果的なサプリメントの選び方


睡眠をとることの重要性

 

睡眠は人の脳や体の疲労を回復したりストレスを取り除いたりするのに必要なことです。

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、これにより疲労が回復されます。
睡眠は時間よりも質が問題と言われています。

睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌も悪くなります。

夜に、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅い、
寝ても疲れが取れないなど不眠の症状を訴える人は多く健康にも影響を及ぼします。

睡眠には記憶する学習効果もありますが、質が悪いと、記憶にも影響します。

朝から頭がすっきりしないため、作業効率が悪くなってしまったりもします。

疲れが一日中取れないと言った症状もおこります。

成長ホルモンは細胞の新陳代謝に関わっているので、細胞が新しくできることが妨げられ、老化も進行します。
また、夜型の生活をして遅くまで起きていたり、
寝不足の人は食欲が亢進する傾向があり、過食となり肥満気味になります。
また、不眠になって一番問題となるのが、ストレスが取り除かれないことでしょう。

ストレスがたまると、やる気がない、気が滅入るなどのうつ状態となりがちです。

そしてさらに眠れなくなるという悪循環に陥りがちです。

そうなると、うつ病の発症の可能性もあります。

 

質の良い睡眠を取るには?

 

人には朝は起きて活動し、夜は、眠くなるという体内時計というものが備わっています。

この体内時計に関与しているのが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンです。

質のよい睡眠を取るためには、まず、メラトニンが正常に分泌されなくてはなりません。

しかし、現代社会では、遅くまで働き、夜はテレビやスマートフォンやゲームをするといった生活になっています。

夜明るいところにいるとメラトニンの分泌は減少してしまいます。

また、スマートフォンやパソコンの画面から出るブルーライトはメラトニンの分泌を抑制してしまいます。
朝日を浴びることで体内時計はリセットされますが、朝遅くまで寝ていると体内時計はくるってしまいます。

また、ストレスや過労などにより自律神経のバランスが壊れ、
交感神経が常に優位な状態になると、夜にリラックスすることができなくなります。

そして、寝付けない、眠りが浅くなってしまいます。
質の良い睡眠を取るためには、朝日を浴び、
昼間は明るい日光を浴び夜は部屋を暗くしてメリハリをつけること。

そして、寝る前のスマートフォンやパソコンはやめることです。

また、自律神経を副交感神経優位にするために、
夜はゆっくりとお風呂につかり、音楽を聴くなどリラックスすることです。

ストレスを発散することも大事です。

 

不眠に効果のあるサプリメント

 

サプリメントを摂取することは、眠りを助けるために効果があります。
選び方としては、不規則な生活で体内時計が狂っている睡眠障害の場合は、
メラトニンを増やす必要があります。

メラトニンは脳内伝達物質のセロトニンビタミンB6から作られます。

これらを多く含む食品を摂取することも有効ですが、
これらのサプリメントを摂取することはおすすめです。

ただし、摂りすぎないように用量を守りましょう。

セロトニン症候群という副作用が出ることがあるといいますので注意しましょう。
ストレスを和らげ自律神経のバランスを取るための選び方としては、ギャバを選ぶとよいでしょう。

発芽玄米などに含まれる成分で、イライラをしずめたり、自律神経のバランスを保つ効果があります。

お茶に含まれるテアニンはリラックスに効果がありこれもおすすめです。

また、ハーブの一種であるバレリアンは、不眠に用いられ、
ギャバを成分として含んでいます。

このサプリメントもおすすめです。

アミノ酸の一種であるグリシンには入眠困難や中途覚醒などの不眠の症状を改善するだけでなく、
日中の眠気など睡眠の質を改善する効果があります。

ストレスや疲労が多い人はマグネシウムが不足気味で、
これにより不眠になりやすいため、マグネシウムもとりたいサプリメントです。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「天然ハーブの安眠快眠サプリメント スリープドロップス」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索