睡眠の質を高めることで得られる効果とは?

睡眠の質を高めることで得られる効果とは?

睡眠の質が人間に与える影響とは?

 

古来より、人間と睡眠の関係は研究され続けてきました。

睡眠時間が足りない事で様々な悪影響が脳に及ぼされる事がわかり、
やがて最適な時間とは何時間なのか、といった研究も進んでいます。

その後、脳波に周期がある事がわかると
一般的に深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が周期的に現れることまで発見され
この時間に記憶を定着させたり、学習効果を出すことがわかりました。


現在では眠る事は単なる休養ではなく、
人間の代謝能力や脳の機能を高める為に必要なサイクルの1つである事がわかっています。

そのためにも、ただ長く寝れば良いという物ではなく、良質な眠りが必要であるという説が有力です。

 

良い眠りは成長ホルモンを分泌させ、体組織の修復や再生、
代謝を行って体内の免疫力を高め、病気に強くします。

また基礎代謝が活性化されれば若い細胞に生まれ変わるスピードが上がる為に若返り、
アンチエイジングといった効果もあるとされます。

さらに成長ホルモンの分泌の為には大きなエネルギーが必要になる為に、脂肪の燃焼効果も期待できます。

寝ているだけでダイエット、というと大げさに聞こえるかも知れませんが、
太り辛く脂肪が燃焼しやすい体質になるという効果は確かにあります。

 

睡眠時に人は生まれ変わる

 

寝る子は育つと言いますが、寝る事で得られる物は成長ホルモンの分泌だけではありません。

人間は体力的には数日間、寝なくても死にませんが
脳は定期的に睡眠を取らなければ著しく機能が低下してしまうことが様々な実験で実証されています。

これは起きている時の脳が神経伝達物質を絶えず送っていることで
過度に興奮してしまうことや、伝達物質であるニューロンによって脳が損傷してしまうなどが原因です。

これらを一旦リフレッシュして新しい状態にしてあげることが睡眠の役割です。

コンピューターでいうなら最適化するようなものです。
新しくセットアップされるのは脳だけではなく、肌もまた同じです。

肌のゴールデンタイムは深夜二時くらいに訪れると言われ、
この時間帯に質の良い睡眠を取る事で基礎代謝が高まり肌のターンオーバー、細胞のリセットが行われます。

逆にこの時間帯に起きていると新しい肌を作る事が出来ずに、代謝が落ちてしまいます。

この状態でいくら水分を与えても肌荒れは治らないでしょう。
賢者には毎朝が新しい人生であるという言葉もありますが、
大げさではなく人間は寝ている間に細胞分裂が活性化され、脳、肌、全てが生まれ変わっていると言えます。

 

美容に良い睡眠とはどのような物か?

 

慢性的な寝不足に陥っている方は、週末にまとめて長く眠ったりしていませんか?

実は睡眠に限っては貯蓄をする事が出来ず、
まとめて眠る事では寝不足をカバーする事は出来ない事がマウスの実験などで判明しています。

 

これは三時間周期で浅い眠りと深い眠りが変わることも関係していますが、
10時間以上眠る人は8時間眠る人よりも逆に作業効率が落ちているという実験結果があります。

眠りに適切な長さの時間というのがあるのも事実です。
では、美容という観点から見て、どのような睡眠が良い眠りなのでしょうか?
そのカギは眠る時間帯にあります。

22時から深夜2時までの時間にヒト成長ホルモンが活発に分泌される為、
この時間に深い睡眠をとれば体の新陳代謝を活発にする事が可能です。

0時を回ってからベッドに入る方も多いのですが、日付が変わる前に就寝する事が理想です。

なかなか寝つきが悪いという方は、寝る前にスマートフォンやパソコンの画面を見ていませんか?

画面の光は視床下部に強い影響を与える為に脳が興奮して眠りが遅く、浅くなりがちです。

早めに光の刺激から離れて、休む準備をすることがポイントです。
良い睡眠は肌を若返らせ、脳も体も活性化してくれます。

あらためて睡眠の質を見直してみてはいかがでしょうか?

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「天然ハーブの安眠快眠サプリメント スリープドロップス」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索