大人の理想的な睡眠時間は?

大人の理想的な睡眠時間は?

理想的な睡眠時間は8時間と言われているけど

 

人間が生きていく上で欠かせないのが睡眠することです。

やりたいことがたくさんある人には無駄な時間に思えるかもしれませんが、
健康に過ごすために、また自分の能力を十分に発揮するには睡眠は必要なのです。

では睡眠時間はどれくらいにしたほうがいいのかというと、一般的には8時間と言われています。

これは誰でも当てはまるものではないのですが、
パフォーマンスを十分にあげるには6時間から8時間の間で
自分の頭がスッキリしたと思えるのが理想的な睡眠なのです。

しかし睡眠は同時に質も重要で、起きたときにスッキリ感がなかったり、
頭が呆然としてしまったり、倦怠感が残ってしまっては良いとは言えません。

また寝つきが悪かったり、睡眠中に何度も起きてしまうのも質が良いとはいえません。

質を高めるには、不安やストレスを取り除くのも大事ですが、普段のちょっとした心がけも大切です。

寝る前にできるだけやらないほうが良いことがあります。

それは寝る前にパソコンをしたりスマホをしたりすることです。

どうしてもやってしまいがちですが、脳を興奮させることになり寝つきが悪くなります。

寝る前には軽いストレッチをしたり、照明を間接照明にするほうがいいようです。

 

寝不足も寝すぎも良くないです!

 

睡眠は人間に必要なもので、健康や自分の能力を発揮する上で欠かせないものです。

日本人は忙しいことが良いことのように思われています。

忙しい人はよく3時間しか寝てないとか話しているのをよく耳にします。

本人にとっては忙しいのはいいのかもしれませんが、健康の上では良くないです。

たとえ3時間の睡眠で頭がスッキリしたとしても、良くないことなのです。

ではたくさん寝るのは良いことなのかというとそうでもなくて、
寝すぎるのも逆に体に悪い影響を与えてしまうようです。

糖尿病や脳卒中など重大な病気にかかってしまうひとは、
短い睡眠や逆に長い睡眠をとっている人に多く見られ、6~8時間寝ている人は少ないようです。

そのほかに、仕事のときは短時間で、
休みの日はたくさん寝て、家でゴロゴロしているという人も多いようですが、
仕事の日と休みの日にかかわらず、
毎日理想的な睡眠を取るほうが健康にも、能力を発揮する上でもいいようです。

それに寝不足になると太ってしまうこともあるようです。

寝ている間も人間はエネルギーを使っており、
寝る時間が短いとそのエネルギーを使う時間が減ってしまうので肥満につながりやすいということです。

 

睡眠が不足すると人格が変わることもある

 

よくやることがたくさんあって忙しいひとは、どうしても寝不足になってしまいがちです。

それで質の良い睡眠が得られていればいいのですが、
寝たいのに寝られないという人は体に疲れが残ってしまっていてイライラしてしまうこともあります。

イライラしてしまっては、本人にとっても良くないに、周りの人も迷惑です。

それに寝不足になると、人によっては人格が変わってしまうという恐ろしいこともあるようです。

良くない宗教とか、悪徳占い師とかは、洗脳させるために寝る時間を与えないようにするそうです。

寝る間を与えないようにすることで、その人に考える能力をなくさせていき、
その人の心をコントロールして思いどおりに操っていくのです。

同時に自分の意思のない無気力な人間にしていくのです。

それまでがどんなにやる気があって積極的な人間であったとしても、洗脳されると無気力になってしまうのです。

やることがあって寝る間もないぐらい忙しいという人は、
自分にとっては充実しているかもしれませんが、
ただ日々の仕事に追われているだけで自分の大事なことを見落としているかもしれません。

大事なことを見つけるためにも適度な睡眠は必要なのかもしれません。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「天然ハーブの安眠快眠サプリメント スリープドロップス」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索