洋梨の栄養効果と効果的な摂り方とは?

洋梨の栄養効果と効果的な摂り方とは?


洋梨の栄養と効果的な摂り方とは?

 

スーパーに売り出されている、甘酸っぱくてシャリシャリした歯応えが魅力的な洋梨。

この洋梨には、滑らかな舌触りになる食物繊維の一種のペクチンや、
皮膚の粘膜や喜納維持に必要なビタミンB2
糖質の代謝をあげて疲れにきくビタミンB1
脳神経を正常に働かせるナイアシン
動脈硬化を予防してストレスを和らげるパントテン酸
貧血を予防して新しい細胞の生まれ変わりや赤血球を作り出すのにかかせない葉酸を含みます。

更に抗酸化作用のあるビタミンCビタミンEを含むので、
活性酸素の発生や酸化力を抑えて動脈硬化、皮膚や血管の老化を不正で免疫力を高めてくれます。

骨や歯をつくるのに必要なカルシウムリンマグネシウムも含みます。

カリウムも含まれており、利尿作用があるため、高血圧やむくみの方にはお勧めです。

洋梨は昔から風邪の時に食べるといいといわれており、
咳やたん、解熱、喉の痛み、消化促進、二日酔いなどに効果があります。

90パーセントが水分で、糖分正体はショ糖と果糖で、クエン酸やりんご酸なども含まれます。

 

昔から薬の効果もあった洋梨、二日酔いの喉の乾きや、からだが火照るときにもお勧めです。

肝臓を保護して消化促進の働きもあり、普段からお酒を飲む人にはおすすめといえます。

 

そんな洋梨効果的な摂り方はいくつかあります。

1つは皮ごと食べること。

皮には栄養がびっしりついているため、皮ごと食べるのがおすすめです。

2つ目は加熱です。

寒い時期に水分たっぷりの梨を食べるとからだが冷えてしまいます。

アスパラギン酸は熱に弱いため、多少、栄養は壊れてしまいますが、
セルロースは壊れないため、喉や肺を潤すといわれています。

乾燥して喉がかわく、風邪で咳が出るという場合は、
季節問わず温めて食べるのが一番です。

コンポートや温かい飲み物などもお勧めです。

 

洋梨を食べるときの注意点

 

こんなに栄養素がたっぷりで、美容や健康によさそうな果物ですが、実は注意点があります。

それは、洋梨の90パーセントは水分でできています。

そのため、からだを冷やしてしまう効果があります。

普段から冷え性や妊娠中の方が、食べ過ぎると
からだを冷やしたりお腹を壊す場合がありますので、注意が必要です。

また、果物には、果糖と言われる糖分が含まれています。

そのため、糖尿病の方は、摂取量を気を付けなければ行けません。

ダイエット中の方も果物の過剰な大量接種は太ります。

また、梨の食物繊維は消化がしにくいため、赤ちゃんには要注意です。

離乳食では、初期段階より慣れてきた中期の段階に与えるのがベストです。

ただし、アレルギーの赤ちゃんもいる場合があります。

少量与えて様子を見るか、先に小児科へ行ってアレルギー検査をしましょう。

検査は生後半年ですと受けることが可能です。

生後半年は離乳食をあげ始めている時期なのでちょうど良い時期です。

また、消化が悪いため、胃腸への負担が大きいです。

お腹を壊している、胃腸が元々弱い人は注意が必要です。

特に便秘の人も気を付けなければ行けません。

 

実は洋梨は食物繊維が多いのですが、摂りすぎると逆に便秘になります。

1日1個までを限度にしてください。

また、授乳中の方は、からだを冷やす洋梨を食べると、
血流が悪くなり母乳の分泌が良くないということがあります。

また、糖分が多いため血液がどろどろになって乳腺炎になる可能性もあります。

母乳の成分は血液です。

糖分の多いものを食べると血液ですから、すぐに体へ影響します。

食べるときのタイミングとしては午前中までに食べ、
冷やさないようにコンポートや肉料理の下味に使うなど、加熱をして食べるようにしてください。

コンポートにする際は、普通は砂糖を使いますが、授乳中ですのでなるべく控えてください。

美容や健康に良い洋梨、摂取量を十分気をつけておいしく召し上がってください。

 

 

⇒ 実は美容効果の高い機能性食品!洋梨に期待できる美容効果とは?

⇒ 病中病後の体力回復に洋梨がぴったりな理由とは?

⇒ 洋梨の成分と期待できる美容・健康効果とは?

⇒ 洋梨の栄養効果と効果的な摂り方とは?

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「フルーツティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索