ピーチ(桃)は体を温める!桃に期待できる効果とは?

ピーチ(桃)は体を温める!桃に期待できる効果とは?

ピーチ(桃)の効能と歴史

 

ピーチ(桃)の原産地は中国です。

桃栽培の歴史は非常に古く、約2500年前から栽培されていたと記録されています。

当時は「桃」は「毛毛」という表記で書物に残されていました。

皮についている細かい毛の多さが当時からも大きな特徴となっていたのが分かります。

それからシルクロードを渡って西側・ヨーロッパ一帯に広がり、17世紀にはアメリカ大陸まで広がりました。

日本へは弥生時代に渡来したと言われています。

桃栽培の記録は古事記や日本書紀にも登場しています。

その当時は桃は食べるためではなく花を観賞するためのものとして栽培されていたようですが、
鎌倉時代になると果実を食べていたという記録が残っています。

本格的に栽培を開始したのは明治時代です。

品種改良を重ね、甘くてジューシーでとろけるような日本の桃は世界でも高く評価されるようになりました。

そのため輸出も多くされるようになり、輸出先としては主に香港や台湾があげられます。

 

ピーチ(桃)はその果肉の柔らかさと甘さから非常に人気が高いフルーツの1つです。

食物繊維も豊富に含まれているため、便秘改善などのダイエット効果も期待でき、
また血行促進してくれる鉄分マグネシウムも含まれるため、温性があり冷え性に悩む女性の強い味方です。

しかし非常に糖度が高いため、食物繊維が豊富で温性があるからと言って食べ過ぎには注意が必要です。
老化防止やがん予防の効果も期待できるカテキンも含まれています。

主な効能としては便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、心筋梗塞予防、
脳梗塞予防、冷え性改善、二日酔い予防、がん予防、美容効果、老化予防などがあげられます。

桃のはにはタンニン・マグネシウムカリウムを多く含んでいるため美容効果も高く、
昔から「桃湯」として親しまれています。

そのため葉も捨てずに活用しましょう。

おいしく食べるための活用法

 

旬は7~9月の暑い時期です。

その頃のスーパーにはたくさんの品種の桃が並ぶため、店内は非常に甘く爽やかな香りが漂っています。

おいしい桃の選び方としては、
・甘い香りがするか
・全体がキレイに色づいているか
・うぶ毛がまんべんなく生えているか
・ふっくらとした丸みがあるか

という観点でみると良いです。

傷つきやすいデリケートなフルーツなので、熟し具合を見るために押してみたりするのはやめましょう。

いざ桃を食べるとなると、難点となるのが皮むきと種とりです。

 

・キレイな皮のむき方
果肉が柔らかいためりんごのように皮をむくのは非常に難しいです。

まずは沸騰させたお湯に10~30秒ほど浸します。
すると包丁を使わなくてもつるっと皮をむくことができます。
少し果実が未熟で固めの桃や、丸ごと料理に使いたい場合などにおすすめのむき方です。

・種のとりかた
果実の中央に大きな種があるため、真っ二つに切ることができません。

だからと言って周りから少しずつ実を切っていくようにすると、
種にたくさんの果肉が残ってしまい非常にもったいないです。

それを防ぐためには、まず上の方2㎝くらいをカットします。

それからスプーンで種の周りをぐるっと一周させると簡単に種を取り出せます。

桃は果汁たっぷりなフルーツなので、なるべく生食でのアレンジをおすすめします。

旬が夏ということもあって、爽やかなゼリーやドリンク、ムースがおすすめです。

また、カットした桃にレモン汁やオリーブオイル、
刻んだミントをかければ爽やかなサラダにもなって、オシャレな一品ができあがります。

桃の葉には炎症を抑える働きがあります。

生の葉をすりつぶし、出た汁に酒を少し加えてガーゼにのばし、リンパ腺に貼ると効果があります。

また生の葉を陰干しして乾燥させたものを布袋に入れ、浴槽に入れると汗疹などにも効果があります。

 

 

⇒ ピーチ(桃)は体を温める!桃に期待できる効果とは?

⇒ ダイエットのサポート役にピーチ(桃)!その理由とお勧めの摂取方法!

⇒ 栄養素だけじゃない!ピーチ(桃)の香り成分「クマリン」がもたらす効果とは?

⇒ ピーチ(桃)に期待できる美容への効果とは?

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「フルーツティー 各種」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索