どうして雨の日に痛くなるの?偏頭痛と天気の関係

どうして雨の日に痛くなるの?偏頭痛と天気の関係


雨の日に偏頭痛が起こる原因

 

雨の日や雨が降る前に偏頭痛がひどくなることは、偶然ではありません。

また雨が降ってテンションが下がることからくる精神的なものが原因でもありません。

実は天気と偏頭痛は密接な関係があります。

その原因は雨が降るときの気圧の低下です。

気圧が低くなると脳も影響を受けて、血管が拡張します。

血管が拡張すると、脳内が炎症を起こしたような状態になり、それが痛みへとつながります。

それに加えて気圧が低くなると、体全身の血の流れが悪くなることも偏頭痛がひどくなる原因です。

さらに低気圧になると酸素不足になります。

酸素が不足すると、バッテリーが切れる直前の機械のようになり、
体内に必要なエネルギーが行き届かず痛みが強くなります。

また別の原因として挙げられることは、昨日までは天気が良く高気圧だったのに、
急に天気が変わることで体にかなりのストレスが加わることです。

急な変化に体が一生懸命順応しようとしてもうまくいかないときに、
バランスが崩れ偏頭痛が起きてしまいます。

さらには低気圧によって体内の水分がスムーズに排出されないことで
むくむことも原因のひとつです。

このように雨の日に偏頭痛が起きることにはさまざま原因があります。

 

偏頭痛を運動で予防する方法

 

辛い偏頭痛にできるだけ薬を飲まずに対処したいと思うに違いありません。

予防としてできることのひとつは運動です。

運動といっても軽いストレッチ程度のものなので、だれにでもできます。

また、痛みが激しいときは、動くことも辛いため、そのようなときには行うことができません。

いくつかありますが、そのうちのひとつは、
両腕を肩の位置まで上げて、そのまま上半身を左右へと回します。

これを体調に合わせて、数分行います。

さらに腕を体の横で車輪のように回します。

どちらも無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

また、首を前後左右に回すだけでも気持ち良く感じます。

ポイントは上半身を動かすことにより、血行やリンパの流れをよくすることです。

軽い偏頭痛であればこれだけで、楽になることもあります。

さらに、こめかみや、うなじを少し力を入れて押さえることでも痛みを軽減することができます。

痛みがひどいと動きたくないため、ずっと同じ姿勢でいるかもしれません。

そうなるとさらに血行が悪くなり悪循環です。

無理のない程度で、体を少しずつ動かすようにしましょう。

このように普段から体操やストレッチを行うことで、偏頭痛を予防また軽くすることができます。

 

偏頭痛を予防する食生活

 

では、偏頭痛にはどのような食生活が望ましいのでしょうか?

野菜や果物、良質なタンパク質をバランスよく十分に取り入れることが大切です。

またお酢やゴマなども偏頭痛予防によいとされていますが、効果には個人差があります。

またコーヒーなどに含まれるカフェインも偏頭痛を和らげる効果があります。

軽いものであるなら、コーヒーやお茶を飲んで対処することができるかもしれません。

また食事以外にも、対策としてサプリメントで補っている人も少なくありません。

 

では、どのようなサプリメントが効果的でしょうか?

一般的にはマグネシウムビタミンさらにはポリフェノールなどの成分が効果的です。

もちろん薬ではないため、飲んですぐに痛みがなくなることはありません。

しかし痛みを軽くし、免疫力を上げることで予防することができます。

 

さらにハーブティーもリラックス効果があり、偏頭痛を予防する効果があると言われています。

このように普段の食生活を気をつけることで予防することができます。

また休息や睡眠を十分にとることも大切です。

休息が足りないと免疫力が落ち、痛みを感じやすくなることがあります。

またストレスをためないこともとても重要です。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索