気持ち悪い!偏頭痛に伴う強い吐き気の理由

気持ち悪い!偏頭痛に伴う強い吐き気の理由


偏頭痛による吐き気の原因とは?

 

偏頭痛に吐き気が生じる理由として、血管が拡張することにより、
神経を圧迫し、その圧迫が原因で機能を混乱させ、異物を排除しようとする説や、
強い痛みに嘔吐感を覚えるなどの説が理由として挙げられております。

しかし、原因ははっきりとわからず、治療法も明確なものがないということが結論です。

偏頭痛そのものをできるだけ抑えるという方法しかありません。

人によって、吐き気止めなどの薬により効果がもたらされる可能性がありますが、
急に症状が出てしまう場合があるため、また、すでに効かない状態であったり、
飲んでも戻してしまうという場合もあるため、薬だけに頼るということも難しいです。

偏頭痛で痛みよりも吐き気の方がずっと辛いという人も多く、
程度も、胃の不快感だけというものから、
実際に嘔吐してしまうほどのものであったり、人によってさまざまです。

発作は4時間から72時間で終わるとされておりますが、
その間、水分もまともに取れなくなってしまう状態が続いてしまう場合もあります。

ひどい症状があるという場合には、病院などでしっかりと診てもらうことも大切です。

重大な病気が隠れている場合もあるため、できるだけ早めに受診をしてみることがお勧めです。

 

偏頭痛や嘔吐感などに対する対処法とは?

 

吐き気を伴う偏頭痛の場合、偏頭痛の症状のひとつと考えられるため、
偏頭痛を抑えるための治療をすることも大切です。

生活習慣の中でも、食生活や睡眠時間などが原因となっている場合もあるため、
そういったことを改善してみることも大切です。

 

また、ツボ押しも有効です。百会という頭の頂点にある柔らかくへこんでいる場所を、
手で一分間押すことで、頭痛や自律神経の乱れなどの症状に効くといわれております。

外関というつぼは手の甲側の手首から指3本離れた場所で、
そこを親指の腹でゆっくり押すことで、吐き気やめまいなどの症状に効果的です。

 

睡眠を取ることも、過敏な状態になっている脳を沈静化させることで偏頭痛の症状を抑えることができます。

薬を服用することも有効です。頭痛に対して市販薬は効きにくいのですが、
吐き気に対しては比較的効きやすいため、有効です。

しかし、薬すら吐いてしまうという場合には、可能ではれば、
頭痛外来などを受診し、有効な薬を処方してもらうことが必要となる場合もあります。

症状が抑えきれないという場合には、
偏頭痛の症状が比較的重いと見られるため、一刻も早く医療機関で診てもらうことが必要となります。

 

吐き気を伴う偏頭痛と似た症状の病気とは?

 

また、偏頭痛と誤解される病気もあり、中には命にかかわるような病気もあります。

くも膜下出血の場合、これまで経験したことのないような衝撃的な頭痛で
同時に吐き気や嘔吐があり、一時的に意識不明に陥ることもありますが、
出血が少ない場合には、症状が軽いため、偏頭痛と誤解されてしまい
見逃されてしまうケースもあるため、
いつもと様子が違う感じがする場合などは、一度、脳神経外科の診察を受けることが必要となります。

脳腫瘍の場合、くも膜下出血とは反対で、何ヶ月かかけて痛みが進行し、
朝の起床時に強いということも特徴です。

吐くと一時的にせよ症状が軽くなるという症状があります。

緑内障もくも膜下出血に似た症状がおきます。

目の症状がほとんどなく頭痛だけの症状というものもあり、
治療をしなければ失明をする可能性が高く、眼圧が高いために頭痛は吐き気、嘔吐などの症状があります。

どれも一見、偏頭痛に似たような症状な場合が多く、見逃されやすい病気のため、
治療が遅れると手遅れになってしまうという場合もあるため、
いつもとちょっと違うような症状があるという場合には
なるべく早く病院などで治療を受けることが手遅れを避けるための一番の方法です。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索