子供の「頭痛い」は偏頭痛かも!不登校の原因にもなる子供の頭痛について

子供の「頭痛い」は偏頭痛かも!不登校の原因にもなる子供の頭痛について


頭が痛いときは要注意

 

現在、熱が無くても頭が痛いなどの偏頭痛の症状に悩んでいる子供も少なくありません。

これは、心理的なストレスが原因となっていると言われていますが、
緊張型頭痛や偏頭痛などの痛みに悩み不登校の原因ともなってしまうので注意が必要です。

頭が痛いことで学校生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

頭痛があっても他人には目に見えにくいことから、
仮病なのではと思われてしまい大きな悩みになってしまう子供もいます。

早い子供であれば、3歳ごろから辛い偏頭痛に悩まされる人もいます。

偏頭痛は、子供に多い頭痛ですが、急に痛みが出たり短時間で改善されるなどの特徴があります。

また、頭が痛いだけでなく吐き気やおう吐、腹痛などの症状が同時に出てしまう人もいます。

さらに、音や光、臭いに敏感になってしまうなどの特徴もあるでしょう。

短時間の頭の痛みとは言え、小さな子供にとっては辛い症状でもあります。

不登校になってしまったのは、偏頭痛が原因だったなんてこともあることから、
親や教師は子供を注意深く見ることが大切です。

様々な事が原因となって引き起こされてしまう症状でもある為、まずは原因を知ることから始めましょう。

 

偏頭痛になってしまう原因

 

偏頭痛の原因は、様々です。

人によって違いがありますが、寝過ぎや睡眠不足など生活リズムが乱れてしまうことも原因のひとつです。

また、お腹が空いていたり低血糖などの食生活の乱れ、
さらにチョコレートやチーズなどが大好きという方も要注意です。

人の多い場所や換気の悪い場所によるもの、
テレビゲームなどの強い光や音などに影響されることもあります。

さらに臭いや気温の変化などによって辛い頭痛に見舞われてしまうことも少なくありません。

最も注意しなければいけないのは、ストレスです。

学校がストレスになってしまっている子供の場合、偏頭痛との関係が疑われます。

子供は、感情や欲求を溜めこみがちです。

良い自分でいようと感情を内にため込んでしまうことで、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

このような気質を持った方の場合、身体に不調をきたすことがあります。

その例として頭痛や過敏性大腸症候群などが挙げられます。

このように様々な事が原因となり、辛い頭痛に悩まされることもあるので、
まずは食生活や生活習慣の乱れを改善することも大切です。

さらにストレスを上手に発散できるように周りの大人が手助けするといいでしょう。

 

改善法をチェックしてみよう。

 

偏頭痛によって生活に支障をきたしてしまうこともあります。

熱が無いことからと軽く考えてしまう方もいますが、
偏頭痛の痛みが疑われる場合には頭痛の専門医などを受診して適切な治療を受けることをおすすめします。

偏頭痛になりやすい子供の特徴として、乗り物酔いをしやすかったり
ぜんそくやアレルギーがある、几帳面な性格であることも挙げられます。

また、身近な肉親に偏頭痛で悩んでいる場合も要注意です。

偏頭痛は遺伝的要素が高く、母親が偏頭痛の症状を持っていると約70%の子供が遺伝すると言われています。

現在、簡単なセルフケアで改善することもできるのでチェックしてみましょう。

まず、規則正しく食事をさせることを心がけます。

さらに睡眠をきちんととり、規則正しいスケジュールで生活することが大切です。

また、毎日の運動も欠かせません。

ただし、適度な運動がベストであり、させ過ぎてしまうと逆効果です。

ストレスや激しい運動、気候の変化などが要因になってしまっていることもあるので、
まずはこれらに対応できる強い体を日々の生活の中で作ることが大切です。

原因をきちんと探り的確なケアを行なうことで、辛い偏頭痛は改善できます。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」






LINE公式アカウントで、お得な情報をチェック!
@4leaves でID検索!

line


関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索