治したいならちゃんと知ろう!偏頭痛の病態と誘発因子

治したいならちゃんと知ろう!偏頭痛の病態と誘発因子

偏頭痛の原因とは何か?

 

よく目の奥が痛い、このように感じ、目が痛いよりも偏頭痛がする症状が体に出る場合があります。

この場合には、目の奥が痛いということで、誘発因子は、偏頭痛による頭の痛みであり、
目の奥が痛いということは、とても疲れている状態、病態になっているということです。

そのため、一刻も早く、休息をとることが必要な状況となっており、
偏頭痛の原因には、このように、目の奥からの痛みなどで、肩なども痛くなり、
同時にめまいや頭の酷い重さ、体のだるさのようなものが出てきます。

これは、日常生活に疲れがたまっていることが原因であり、
また同時に、睡眠不足であると、このような病態が出てくることがあります。

目の奥が痛い、偏頭痛がする、上記のようなケースでは、睡眠不足や睡眠をしていても、
しっかりと眠りにつけていない場合に、このような症状が出てしまうため、
出来るだけ早く眠りにつき、

またリラックスできるように、眠る前にぬるめのお風呂にゆっくりと浸かり、
しっかりと入浴をすることで、だいぶ疲れはとれて、眠れるようになります。

リラックスをすること、また眠る前にはパソコンや
スマートフォンなどを操作しないことがとても大切になります。

 

偏頭痛と疲れについて

 

偏頭痛と疲れについて、このような偏頭痛の病態が出てくる場合には、
極度に体が疲弊しており、うまく睡眠がとれていない場合に、このように頭に嫌な痛みが出てくるものです。

健康で、よく眠れている人の場合には、このような偏頭痛の病態は出てこないものであり、
原因としては、上記のように、睡眠不足と、極度に精神的にも体力的にも疲れ切ってしまっている状態、
疲弊してしまっている状態では、このような偏頭痛が突発的に出てくることがあります。

そのため、うつ病などの患者さんや、精神疾患を患っておられる患者さんの中にも、
しっかりとした睡眠をとることが出来ないことから、このような頭の痛み、偏頭痛を訴える人はとても多く、
この原因としては、不安定な気持ち、リラックス出来ない強い恐怖心など、
このような神経の過敏さなどから、うまく睡眠をとれないことが原因となっています。

そのため、このような患者さんへの対処としては、睡眠薬などが医師から出され、
まずは睡眠をしっかりととり、体に免疫力などを与えることを前提とし、治療が行われます。

しっかりとした睡眠がないと、人は、体がかなり疲弊してしまい、
体のあちこちに頭痛などのような痛みが出てしまうものだからです。

 

偏頭痛を治すためには?

 

偏頭痛を治すためには、とてもリラックスした気持ちで、日々を過ごすことが大切になります。

とはいったものの、現在の日本は超ストレス社会と言われており、
大変なストレスが日常のいたるところにあります。

そのため、すぐにリラックスして、日々を過ごせるようになることは、なかなか難しいものです。

職場環境などの人間関係や、友人同士での人間関係など、
時には望まないことが色々と起きてしまうものですから、
静かに、リラックスして生活するには、色々と人間関係を整理するか、
環境などが悪い場合には、環境を変える、このようなことが必要となってきます。

リラックスが出来る方法としては、1日に30分程度でも運動などを行うと
自律神経などが活発化され、とてもリラックスできる状態になると同時に、
体も心も、とてもリフレッシュさせることが出来ます。

また、緊張状態が強い人の場合には、リンパの流れにそって
マッサージなどを行ってみると、とても肩などのこりなどが取れて、楽になることを感じることが出来ます。

偏頭痛に対するリンパのツボなどもあるため、痛みが酷い場合には、
アロマオイルなどを使ってマッサージを行うと、とてもリラックスした気持ちになれます。

 

このコラム記事のライター Yotsuba

ライターおすすめ商品をショップで見る

ライターおすすめ商品をショップで見る

「ハーブティー 各種」



関連記事

【 美貌録からの無料ニュースレターを購読 】
最新更新情報などをニュースレターでお届けします

   
©美貌録 All Rights Reserved
©Brilliant Life Products NZ All Rights Reserved
©4leaves/大洋州貿易 All Rights Reserved
 
コラム記事 検索